【人生で一番幸せな瞬間を支える】


ウェディングプランナーの気になる仕事内容!

今、女性の中で人気の仕事の一つに「ウェディングプランナー」という仕事があります。中には聞いたことのない方もいるかもしれませんが、人生で最高に幸せな瞬間をささえるとてもやりがいのある仕事です。
今日はその仕事に就くための方法を研究したいと思います。

ウェディングプランナーってどんな仕事なの?

ウェディングプランナーは、簡単に説明すると結婚が決まって、結婚準備をすすめるカップルをサポートする仕事です。人生で最高に幸せな一日をお二人の希望に沿った内容で企画・演出するという責任も重大ですが、それだけにやりがいも大きく、ゆえに女性の人気職業となっています。

具体的には、以下のような業務を行います。

1. カップルにヒアリング

自分が所属する企業の式場を案内したり、「どのような式にしたいか?」「ご予算は?」と一緒に相談しながら、結婚式のイメージをふくらませます。

2. 自社を選んでもらうための営業

カップルは、他の式場でも相談していることも多いため、親身になって相談し、ほかにはない魅力的なプランを提案します。

3. スケジュール管理

自分の提案で挙式が決まると、いよいよスケジュールなどの管理が始まります。カップルの要望や式場のスケジュールとすりあわせながら、日程、予算、式の進行、料理、ドレス、演出など細かいところまで計画を立てていきます。

4. 発注管理

式の日程や進行(内容・演出)が決まると、司会や照明係、音響係、美容師、カメラマンなど多くのスタッフを手配しなければなりません。ウェディングプランナーは、結婚式をイメージ通りに演出するプロデューサーとしての役割もあります。必要なスタッフと協力し、的確な指示を出して計画を進めます。

5. 打ち合わせ

どんなに綿密な計画を立てていても、トラブルは避けられませんし、カップルの考えが変わることもあります。結婚式の計画は数ヶ月かかる一大プロジェクトですが、式当日まで何度も打ち合わせを行って、少しでもお客様のイメージに近い式を作り上げます。もちろん、打ち合わせの日取りや必要な連絡もすべて担当のウェディングプランナーの仕事です。

6. 下準備

招待状・引き出物の手配、新婦とのドレス・ヘアスタイル決め、「前撮り(結婚式とは別の日に和装やウエディングドレス姿で記念写真を撮影すること)」などの段取りも、一つひとつ丁寧に行います。

7. 結婚式当日

いよいよ結婚式当日です。ここ数ヶ月進めてきたプロジェクトの集大成でもあります。必要なモノはすべて手配できているか?的確な指示は出せているか?進行は?照明・音響は?計画通りにすべて進行し、どんなトラブルにも対応し、最後まで結婚式を進めます。

ウェディングプランナーってどこにいるの?

ウェディングプランナーは、「ブライダルプランナー」「ブライダルコーディネーター」「ブライダルプロデューサー」など、いろいろな名前で呼ばれます。

勤務先はゲストハウス、結婚式も行うホテルやレストラン、ウェディングプロデュース会社、ブライダル専門店等、結婚式を実施されている企業で採用されています。

ウェディングプランナーになるためには、絶対に持っていないといけない資格というのはありません。各企業の職種の一つで、採用学歴も企業により異なります。ただ、人気の企業では内定を勝ち取るのにかなりの倍率が発生しているところもあります。

※ブライダル業界が切望していた、ブライダルコーディネート職種に係る技能検定が国家試験として実施されることが決定しました。

ウェディングプランナーのやりがいは?

ウェディングプランナーは、1組のカップルとのかかわりは数か月にもおよびますが、お客様の人生の幸福度に大きく関わること、自分が提案した結婚式が完成され、お客様や家族から感謝の声を伝えられるなど、やりがいの大きな仕事といえるでしょう。そして何より、ご結婚されたカップルの一生に残る思い出を作る仕事でもあります。

ウェディングプランナーの仕事内容のポイントまとめ

ポイント1.結婚式を数ヶ月かけて作り上げる一大プロジェクトのマネージャー!

ウェディングプランナーは、カップルとの打ち合わせから始まり、数ヶ月掛けて結婚式を作り上げるマネージャーという、責任重大な仕事でもあります。

ポイント2.事務作業も多いが他にはないやりがいがある!

スタッフ・必要なものの手配など、事務作業も多いですが、お客様の人生の1ページを彩るやりがいも大きな仕事です。

ポイント3.人気の企業は採用倍率が高い!

ウェディングプランナーになるためには、絶対に持っていないといけない資格というのはありません。各企業の職種の一つで、採用学歴も企業により異なります。ただ、人気の企業では内定を勝ち取るのにかなりの倍率が発生しているところもあります。それゆえにブライダルの専門知識を勉強し、即戦力としての実力を身につけている人のほうが、就職に有利に働くことがあります。

※ブライダル業界が切望していた、ブライダルコーディネート職種に係る技能検定が国家試験として実施されることが決定しました。

駿台観光&外語ビジネス専門学校のブライダル学科では、無理のない週末インターンシップや、即戦力を身につけるロールプレイング形式の授業で、就職活動で勝ち抜ける実力をつけることができます。そして卒業生の多くが、この業界のプロとして第一線で活躍しています。駿台観光&外語ビジネス専門学校で、ブライダルに関するすべてを学んでみませんか?