ウェディングプランナーになるには?


必要な資格や大学・専門学校に通う必要性について解説

ウェディングプランナー(ブライダルコーディネーター)は、花嫁花婿の挙式をサポートする頼もしい存在です。会場選びから挙式当日までトータルに担当します。主な役割は、挙式するカップルと挙式にかかわるほかの専門業種の人々との調整役です。今回は、ウェディングプランナーになるための方法についてご紹介します。

① ウェディングプランナーに必要な資格はある?

ウェディングプランナーになるための特別な資格は不要です。就職先によっては未経験者を受け入れている場合もあります。結婚式場やホテルに就職し、挙式の担当者になることでウェディングプランナーとして活躍することができます。

業界未経験でもウェディングプランナーとして働くことは不可能ではありませんが、現在ではホテルや観光などの専門学校で接客技術や挙式について学んだのちに就職する人が多いです。現場に入ってから一から覚えるという道もありますが、就職後をスムーズに過ごすためにも事前にウェディング関連の知識を得ておくということは重要でしょう。

② 取得すると役立つ資格は?

ウェディングプランナーとして働くために必須の資格はありません。ただし、取得していると歓迎される資格は存在します。たとえば、アシスタントブライダルコーディネーター検定(ABC検定)という民間資格は、ブライダル関連の知識を身に着けているという証明になります。ホテルや観光などの専門学校で学んでいる2年生や、これからウェディングプランナーとして働く人を対象とした試験です。

ウェディングと一口にいっても、実際にはプランニング(式の進行など)だけではなく、美容、花などの装飾品、洋装・和装などファッションの分野まで、仕事内容の幅はかなり広いです。

ウェディングプランナーは、プランニングだけができればいいというものではありません。どのようなウェディングプランナーになりたいのかよく考えましょう。美容に詳しくなりたい、ドレス選びには自信を持ちたいなど、具体的な目標を持って勉強すると、就職するときにも役立つ知識を得ることができるでしょう。

このほか、パソコン関連の検定や色彩に関する検定なども就職の際に役立ちます。

③ 専門学校や大学に通う必要は?メリットは?

ウェディングプランナーとして就職を目指すのであれば、専門学校や大学に通って観光分野全体について学んでおくといいでしょう。専門学校や大学に通うことのメリットは、ウェディング分野をはじめ観光産業について学べるという点です。特に専門学校では、接客やカウンセリングの練習もあるため、就職に直結した技術を学ぶことができます。

ウェディングプランナーが働いている結婚式場やホテルは、広い目で見てみると観光産業の一環と言えます。大学に行けば、ウェディングプランナーに限定せず、教養分野の科目、観光産業や経営についての科目などを勉強できます。

専門学校に進学すると、より実践的な内容を学習し、ウェディングプランナーとして働く上で役に立つ知識を身に着けることができます。専門学校はウェディングプランナーとして就職することを念頭に置いてカリキュラムが組まれているため、卒業後にいち早くウェディングプランナーとして働きたい場合は専門学校という選択肢も魅力的です。

専門学校や大学に通わずに就職し、現場で経験を積んでウェディングプランナーになる方法もありますが、専門的な知識がないまま独学を進めるのは難しいです。体系的な知識を効率的に身に付けるなら進学をおすすめします。

④ どんなスクールを選べばいいのか?

現在、ウェディングプランナーになるための専門コースを設置している学校は、専門学校であれば美容系と観光ビジネス系の専門学校です。美容系の専門学校では、ブライダルメイクなどの美容やファッションについて勉強します。

美容系の専門学校は、美容師を養成する専門学校のコースの一つとして設置されていることも多いので、美容師国家試験の受験資格を得ることができます。ベースとしては美容専門学校であるため、ヘアカットなどの授業もあります。

施術する上で美容師国家資格が必須のまつげエクステの技術を勉強することもできます。ウェディング分野のうち特に美容を専門としたい人の場合は美容系のウェディングプランナー専門学校を選ぶといいでしょう。

ウェディングプランナーに必須の接客技術や、プランニング、ブライダル業界についての知識を身に付けたい場合は、観光・ビジネスの専門学校を選ぶといいでしょう。プランニング、ドレス、メイクの授業をはじめ、就職指導も充実しています。ABC検定の取得を考えている場合も、観光・ビジネスの専門学校をおすすめします。

一例として、駿台観光&外語ビジネス専門学校の場合は、プランニングのほか、ドレスやメイクなどブライダルに関係した一連の知識を学ぶことができます。

まとめ

今回はウェディングプランナーになるための方法や、必要な資格、学校選びについてご紹介しました。これからウェディングプランナーを目指す方は、ぜひ参考にしてください。

最後に、今回ご紹介した内容をポイントごとにまとめてみたいと思います。

  1. ウェディングプランナーに必須の資格はないが、就職活動・就職後をスムーズに過ごすためにもブライダル関連の知識や技術、各種検定を取得しておくほうが良いでしょう。
  2. 大学では広く観光業界や経営について、専門学校では職業に直結した知識を学ぶことができます。卒業後にいち早くウェディングプランナーとして働きたい場合は専門学校という選択肢も魅力的です。
  3. 美容系専門学校のウェディングプランナーコースでは特に美容やファッションについて勉強します。
  4. 観光・ホテルの専門学校ではプランニング、ブライダルメイク、カウンセリングの技術など、ブライダルに関係した一連の知識を学びます。