スンダイが選ばれる理由

保護者の皆様へ

進学先を考える時に迷うのが、「大学」と「専門学校」の選択肢。そもそも、大学と専門学校ってどう違うの?
就職や資格取得に強いのはどっち?そんな疑問にお答えしながら、スンダイの強みについてご紹介いたします。

大学と専門学校。学び方の違いは?

大学は学問、技術の研究を主とした教育方法。それに対し、専門学校は職業教育を中心に即戦力の育成を目的としています。講義中心の大学の授業に対し、専門学校の授業はほとんどが専門的な教育や実習に当てられます。授業のスタイルも異なり、大学では基本的に1人の講師が何十人もの学生を相手に講義を行います。
一方、専門学校はクラス単位・レベル別クラスが多く、1人1人への丁寧なサポートが可能。どんなに素晴らしい内容でも、大人数が一度に受ける授業だと、“聞いているだけ”になりがち。また、学生全員に目が行き届かない、設備の使用が順番待ち…なんてことも。スンダイでは、適正人数のクラス別授業や、学生みんなが使える高性能な設備が充実。恵まれた学習環境で、スキルアップを強力にサポートします。

大学と専門学校。どちらが資格に強い?

学んだ専門技術を証明する資格や免許は、就職活動を行う時に大きなアピールポイントになります。採用の際に資格や免許の内容を重要視している企業が増えてきているのも事実です。専門学校は専門的な技術を学び、社会のニーズに応える場所ですから、もちろん資格取得にも力を入れています。
大学では正規の授業以外に対策セミナーを実施しているのをよく見かけますが、スンダイでは普段行っているカリキュラムそのものが資格対策になっているのです。各業界への就職に有利な資格を取得できるシステムを取り入れているので、いざ就職活動の時になって慌てて対策を練る必要はありません。また、資格取得のために費用をかけて外部の講座などを受ける労力と費用も省けます。

大学と専門学校。就職率の高さは?

4年制大学に通う学生の場合、就職活動スタートは3年次の秋頃。そこから就職ガイダンスや就職対策セミナーに参加するのが一般的。一方、就きたい職業を決めて入学する専門学校では、1年次から就職活動がスタート。入学時から就職試験を見据えた授業が行われます。
スンダイでも、各業界ごとの傾向と対策を踏まえた面接対策授業が入学時からスタート。(また、本番の採用試験直前には、受験企業ごとの面接対応を臨機応変に実施することも多数。もちろん、無料です。それが出来る規模(学生数)と体制(専任講師によるクラス体制)を維持しております。)専門カリキュラムやインターンシップを通して、現場で求められる力を身に付けていきます。この徹底した実務教育により、 毎年多くの学生が、エアライン、ホテル、ブライダル、トラベル、鉄道業界から内定を頂いております。多くの企業が毎年コンスタントにスンダイ生を採用していただいております。これこそ、観光業界からスンダイ生が高い評価をいただいている証ではないでしょうか。 他の専門学校と比べても、その就職率の高さはダントツ!

専門学校それとも大学? 〜専門学校と大学の違い〜

本校に関するご質問やご相談は、下記のフリーダイヤルまでお気軽にお問合せください。 駿台観光&外語ビジネス専門学校 〒561-0872 大阪府豊中市寺内2-5-18 フリーダイヤル/0120-059318