海外ウェディングプランナーになるには?

近年、新婚旅行を兼ねた海外ウェディングが人気です。ウェディングプランナーを目指す方の中には、海外で働きたいという方もいるのではないでしょうか。今回は、海外ウェディングプランナーの仕事内容や、海外ウェディングプランナーになる方法、給料などの待遇面についてご紹介します。

海外ウェディングプランナーとは?

海外ウェディングプランナーは、海外で日本人向けのプランニングをする場合(日本企業の海外支店に勤務する場合も含む)と海外でその土地の人向けにウェディングプランナーとして働く場合という2つのケースがあります。海外ウェディングプランナーという職種自体、これといって決まった定義があるわけではありませんが、主に海外での挙式を取り扱うウェディングプランナーと考えてください。

結婚式場で挙式するというのは、実は日本独自の文化です。海外には結婚式を専門にする会場は一般的ではありません。例えばクリスチャンであれば、自分や相手の通っている教会で挙式をしますし、日本でいう結婚式というよりも結婚披露パーティーのようなものを開いて、親族や友人にお祝いしてもらうということもあります。

日本では、年々海外挙式をしたいというニーズが増えています。今までは海外挙式は旅行会社などでパッケージとして販売されてきたわけですが、それでは対応できないニーズが出てきているのです。

例えば、ハワイで挙式したいというニーズに、ハワイをよく知らないウェディングプランナーが対応するのは難しいでしょう。リゾート婚の一つとしてハワイでの挙式を提案するのは可能ですが、現地での細かいニーズに応えることは現地にかなり詳しい人でなければ難しいです。

ハワイ在住のウェディングプランナーがハワイでの挙式をプロデュースした方が、カップルのニーズに的確に応えることができます。この場合は、日本人のニーズに合わせて、海外で挙式をアレンジすることになりますので、バックグラウンドにある日本文化は依頼者とウェディングプランナーと共通しています。どのようなことをすれば喜んでもらえるか、日本人から見てどこが海外らしいと感じられるのかなど、ニーズとしては把握しやすく、依頼するカップルにとっても安心感があります。

海外ウェディングプランナーになるには?

海外ウェディングプランナーとして現在活躍している人の学歴は様々で、特に必ず必要な資格はありません。しかし、現実として結婚式について専門的な知識が何もないままウェディングプランナーとして働くことは難しいため、挙式の知識が必要になります。

海外でウェディングプランナーとして働く際には、現地の業者(会場や食事の手配、花や小物、衣装など)をアレンジする必要があるため、英語を始めとする外国語の高いコミュニケーション能力や、現地のブライダル事情を始め、歴史や文化の知識が必要です。

日本の企業に就職して海外の支店に配属されるという方法と、フリーで活躍したい場合でも、まず日本のブライダル関連企業に就職し、経験を積んでから海外に渡ることをおススメします。

海外ウェディングプランナーの給料・年収

日本企業の求人を参考にすると、年収200万円〜400万円程度が相場です。月給にすると16万円〜33万円程度ですが、管理職に就いた場合はさらに給与がプラスされ、600万円を超えることがあります。海外に住んで生活していくことを考えると、現地の通貨に換算して実際にどれくらいの生活ができるのかというところを考えるべきでしょう。

海外でウェディングプランナーになるための学校選びのポイント

専門学校ではプランニング、ブライダルメイク、カウンセリングの技術など、ウェディングに関係した一連の知識を学びます。学校選びについては、ブライダル業界以外の将来も検討したい場合は大学を、ブライダル業界への就職を目指す場合は、専門学校のブライダル系学科をおすすめします。
就職に直結した即戦力としての実力を身につけることが可能です。また、海外ウェディングを目指すならブライダル科目に加えて語学授業のある学校選びが大切になります。

駿台観光&外語ビジネス専門学校のブライダル学科では、ゲストハウス、ホテル、リゾートなど様々な挙式に対応できる知識のほか、外国語(英語、中国語、韓国語<希望者のみ>)も学ぶことができますよ。