グランドスタッフの将来性は?


将来性や、給料・雇用事情について解説していきます。

グランドスタッフは、空港を利用するお客様にとって頼りになる欠かせない仕事です。華やかなエアライン業界へ憧れを持つ方も多いですが、「給料」「雇用」「将来」など、職業としてはどれほどの安定性があるのでしょうか?

ここでは、IT化が進むグランドスタッフの将来性や、給料・雇用事情について解説していきます。

グランドスタッフの将来性は?

IT化は今や業種を問わず多くの業界で導入が進められています。人件費の削減や業務効率化などを主な目的として行われますが、空港も例外ではありません。空港でIT導入が進んでいる業務には、次のようなものがあります。

航空券の予約:

インターネットから予約、座席指定が可能

発券不要のeチケット:

チェックイン時は予約画面や予約番号を使用

自動チェックイン(自動搭乗手続き):

二次元バーコードなどあらかじめ取得しているデータ、券類をスキャンでチェックインが可能

自動手荷物預け機:

自動チェックインと同様の方法で、指定された場所に手荷物を預けることが可能

これらの業務は従来グランドスタッフが対応・接客してきた業務です。今後は技術の発達によりさらなるIT化も進んでいくでしょう。

しかし、どんなにIT化が進んだとしても、思いやりを込めた接客は人にしかできないものです。また、お年寄りの方や機械操作が苦手な方などにとっても、グランドスタッフはかけがえのない存在です。そのような需要がある限り、今後、グランドスタッフがゼロになってしまうことはないでしょう。

特に、航空会社や空港施設は外国人観光客を最初にお迎えする日本の顔。日本の高品質な接客サービスを提供できるのは、専門知識を身につけたグランドスタッフです。実践で活かせる接客スキルやコミュニケーション能力、人間力を身につけることができれば、これからのエアライン業界で活躍できることは間違いありません。

グランドスタッフの給料や待遇面

グランドスタッフとしてキャリアを築いていきたいと考えている方は、給料や待遇面についての現状を正しく把握しておくことが大切です。

グランドスタッフの雇用形態は?正社員募集はある?

大手航空会社(または大手企業系列)の場合、正社員募集が増えてきました。グランドスタッフの雇用形態はかつて契約社員や派遣社員が大半を占めていたものの、近年では正社員の雇用も増えてきました。

LLC(Low Cost Carrier:格安航空会社)のようにコストダウンに力を入れている企業の場合、契約社員や派遣社員での登用が多い傾向があります。

実際の就活では学生時代のインターンシップが面接での強みとなる場合もあり、就職に強い専門学校を選んでおくと憧れの企業での正社員雇用が叶う可能性もあります。

グランドスタッフの給料について

グランドスタッフの平均の給料は雇用形態によって次のように異なります。

正社員や契約社員:月給21万円前後
派遣社員:時給1,000~1,600円

参考:
Indeed 空港グランドスタッフの求人(正社員や契約社員)
Indeed 空港グランドスタッフの求人(派遣社員)

正社員や契約社員の場合、実績(勤続年数やスキル)によって月給は昇給する可能性があります。一方、派遣社員の場合は派遣登録をする企業が定める時給で給料が決まるため、基本的に給料の変動はありません。就職するエリアにより最低賃金額が異なるため、派遣社員の時給にはやや開きがあるのが特徴です。

グランドスタッフの待遇や福利厚生

グランドスタッフの待遇や福利厚生には次のようなものがあります。雇用形態別に見ていきましょう。

<正社員の待遇や福利厚生>

・ 賞与(年1~2回)
・ 特別金支給
・ 交通費支給(上限あり)
・ 早朝深夜割増手当
・ 時間外手当
・ 年末年始手当
・ 単身赴任手当(国内)
・ 家族手当
・ 住宅手当(上限あり)
・ 役職手当
・ 年次有給休暇
・ 季節特別休暇
・ 慶弔休暇
・ 社会保険
・ 弔慰金制度
・ 財形制度
・ 育児・介護休暇制度
・ 産前・産後休暇制度(懐妊休業制度)
・ 寮・住宅補助制度
・ 各種優待制度(国内線、国際線、レジャーサービスなど)
・ 送迎サービス
・ 相談窓口サービス

<契約社員の待遇や福利厚生>

・ 通勤手当(上限あり/全額)
・ 時間外労働手当
・ 早朝深夜割増手当
・ 年末年始手当
・ 皆勤手当
・ 精勤報奨金支給
・ 一時金支給(契約更新時)
・ 夏季休暇
・ 有給休暇
・ 社会保険
・ 定期健康診断
・ 各種優待制度(国内線、国際線、レジャーサービスなど)
・ 団体保険制度
・ 共済会制度

<派遣社員の待遇や福利厚生>

・ 交通費支給(上限有り/全額)
・ 早朝深夜割増手当
・ 社会保険
・ 日払い可
・ 研修制度

雇用形態が異なると待遇や福利厚生にも大きな違いがあります。正社員と契約社員では一見同等の待遇があるように見えますが、賞与の有無は収入面で大きな差が生まれます。

また、派遣社員は昇給や昇進などのキャリアアップが難しいことから、長期勤務ではなくスキルや経験を養うための短期間勤務といった働き方がおすすめです。

まとめ

グランドスタッフは、IT化が進んでも需要がゼロになることはない職種です。現場で活かせる実践スキルを身につけていると、これからのエアライン業界で重宝されること間違いありません。どのようなキャリアプランかによって雇用形態など働くスタイルは異なるため、将来のために"今"できることから始めてみましょう!

駿台観光&外語ビジネス専門学校のエアライン学科は、大学や短期大学に比べて最短でグランドスタッフを目指せます。充実した2年間のカリキュラムで航空業界が求める英語力・スキルなどを身につけ、第一線で活躍できるグランドスタッフを目指しましょう!