グランドスタッフになるには?


必要な資格は?

グランドスタッフは空港に勤務して、利用客に対してさまざまなサービスを提供する仕事です。グランドスタッフになるのに、必要な資格はあるのでしょうか。

また、グランドスタッフになるにはどんな学校に進学すればいいのでしょうか。給料や勤務体制などを含め、グランドスタッフについてまとめてみました。

グランドスタッフに必要な資格はある?

グランドスタッフに必要な資格は、専門学校・短大・大学卒業以上の学歴と、英検2級またはTOEIC500~550点以上の英語力です。グランドスタッフは、航空会社が各空港に設置しているハンドリング会社に雇用されるケースと、グランドスタッフを各航空会社に派遣している会社に雇用されるケースがあり、企業それぞれに採用条件が異なります。

取得すると役立つ資格は?

グランドスタッフは語学力を求められる職業です。航空会社よっては、応募時に「TOEIC500~550点」「英検2級」程度の語学力を求める企業が多いです。グランドスタッフを志望するなら、この程度の英語力は身に着けておきたいものです。

英語のほかに、中国語、韓国語、フランス語、スペイン語などの資格があると、採用試験で有利になります。

グランドスタッフになるために持っていると有利な資格のひとつに、「手話検定」等があります。

グランドスタッフはどんな仕事をするのか?

グランドスタッフは空港での接客業務で、主な仕事は「搭乗手続き」と「搭乗案内」です。搭乗手続きは、チェックインカウンターで航空券の発券をしたり、荷物の受け取りや座席の指定などを行う業務です。

現在、チェックインはインターネットで済ませる会社も増えてきましたが、手荷物チェックと搭乗手続きは人の手で一つ一つ処理しています。また天候が荒れてしまったときなど、航空機の発着時間がずれてしまった場合の告知や誘導、他の路線への振替手続き等も行います。

搭乗案内は、搭乗ゲートでお客様の案内を行う業務です。アナウンスや誘導のほかに、航空機の出発時刻が近づいたらゲートに到着していないお客様を探すのも、グランドスタッフの重要な仕事です。

国内線・国際線で使われているアマデウスという予約システムが使えることは必須ですので、入社後のトレーニングはもちろん、専門学校では入社前にアマデウスを使えるように練習します。

どんな学校(進路)を選べばいいのか?

グランドスタッフになるには、どんな学校(進路)を選べばいいのでしょうか。グランドスタッフの採用条件は、多くの場合専門学校・短大卒以上ですので、専門学校・短大・大学進学という選択肢があります。

専門学校と大学・短大の大きな違いは、専門学校は職業に直結した知識を学ぶ場であるのに対し、大学・短大は学問を勉強するところであるという点です。

具体的には、専門学校では英語を始めとする語学のほか、グランドスタッフの実習、航空券の予約に必要なシステムを使う練習、検定などに向けた対策、空港のカウンターを使った接客の演習もできます。

実際にグランドスタッフとして働くことを念頭に置いた実践的な勉強ができるということです。専門学校の中には、夏休み期間に空港でインターンシップを導入しているところもあるので、就職前に仕事を体験することができます。

一方で、大学や短大の場合は、観光業として航空業界を研究するといったアプローチを取ります。学び方が大きく違うのです。早い段階からグランドスタッフを志望し、いち早く就職したい場合は専門学校が近道といえます。

グランドスタッフに応募するための自信がつくこと、業務内容への理解が深まることは専門学校ならではのメリットです。

「大学」や「短大」の場合は、外国語や観光に関連した学部生の応募が多くみられます。そういう大学の中にはエアライン業界向けの就職対策講座を設置している学校もあります。専門学校の場合は、エアライン学科など、航空業界に対応した学科を選ぶことが近道と言えるでしょう。

ただし、これ以外の学部を卒業しても、グランドスタッフの採用試験を受けることは可能です。

グランドスタッフのお給料について

以前は、まず契約スタッフとして採用し、一定期間の後、正社員に登用するケースが多く見られましたが、最近は初めから正社員として採用する企業が多くなっています。

正社員で採用されると、月給16~18万円くらいからのスタートとなります。これにシフト勤務手当や深夜手当などが加算されます。

グランドスタッフは接客業ですから神経を使う仕事です。また、シフト勤務になることも多く生活が不規則になるため、体力と健康管理が重要です。しかし、お客様の喜ぶ顔を見るのが好きな人にとっては、非常にやり甲斐のある仕事といえそうです。

まとめ

今回はグランドスタッフになるための方法や、必要な資格、学校選びについてご紹介しました。

これからグランドスタッフを目指す方は、ぜひ参考にしてください。

  1. グランドスタッフになるには、採用している企業の採用試験に合格しなくてはなりません。
  2. グランドスタッフの応募資格として専門学校・短大・大学卒業(見込)以上の学歴が必要で、TOEIC500~550点以上または英検2級以上を要件にしている企業が多く、一定以上の 英語力が求められます。また、近年はインバウンドで、アジア圏(中国語・韓国語)の語学資格があると採用試験で有利に働く場合があります。
  3. 仕事の内容は、主に搭乗手続きと搭乗案内です。
  4. 航空会社で使用されている予約システムの操作を入社前に習得(検定を取得)しておくと、採用時に有利に働き、さらには就職後仕事をスムーズにこなすことができるでしょう。グランドスタッフにいち早くなりたいという目標が明確な場合は、必要な語学力や予約システムを習得できるエアライン系の専門学校がおすすめです。
  5. 給料は、正社員で月給16~18万円(初任給)くらいです。最近は正社員として採用する企業が多くなっています。