ツアーコンダクターとは?


仕事内容や必要資格、学校選びのコツについて解説

ツアーコンダクターは「添乗員」とも呼ばれる、快適な旅の「サポート役」です。旅行が好きで色々な人との出会いを楽しめる、人に尽くすことに喜びを感じる人にとっては、とても向いている職業だと言えます。ここでは、ツアーコンダクターの仕事内容や必要資格、学校選びのコツをご紹介します。

ツアーコンダクターの仕事内容

まず出発前は、旅行会社や現地の関係者との打ち合わせ、航空券・旅行客リストのチェックなどをします。

ツアー中の業務は、以下のように多岐にわたります。

・現地でのスケジュール調整(ホテルのチェックインやチェックアウトなど)
・お客様の誘導、確認
・観光地で注意すべき点の説明
・お客様の要望やクレーム対応
・体調が悪くなったお客様への心遣い(病院を紹介)

ツアーが終わった後も、清算業務や報告書の作成といった仕事があります。

ツアーコンダクターになるための必要な資格

ツアーコンダクターに必要不可欠な資格が「旅程管理主任者資格」です。この資格を持たずに添乗業務を行うことは旅行業法違反になるからです。

旅程管理主任者資格には、2種類あります。「国内旅程管理主任者」と「総合旅程管理主任者」です。国内旅程管理主任者は国内ツアーへの添乗が可能になります。総合旅程管理主任者は、国内と海外のツアーに添乗できる資格です。

これらの資格取得の条件として、まず、「旅程管理研修」(研修は、講義とテストから成る)を受講し、テストに合格。その後「実務添乗(副添乗実務)」を経験することが必須となります。

また、学生など旅行会社に所属していない場合、旅程管理研修の前に、基礎添乗業務研修が課されます。

ツアーコンダクターになるためのルート

ツアーコンダクターになるために、一般的に最初に考えることは「旅行会社への就職」ではないでしょうか。旅程管理主任者資格は、旅行会社(派遣も可)に就職していることを証明するか、その予定者でないと受講資格が得られないことが一般的だからです。

短大や大学を出て旅行会社に就職した場合は、就職してからこの資格を目指すことになります。ただ、専門学校の場合は在学中に旅程管理主任者資格を取得できる学校もあります。資格を取得して就職活動をするので、強い武器になりますし、就職後も即戦力として活躍が期待できるでしょう。

ツアーコンダクターの収入、年収

ツアーコンダクターの平均年収は370万円程度で、月収にすると約27万円となります。

ツアーコンダクターの採用形態は正社員と、派遣社員があります。派遣のツアーコンダクターは多くが日給制で、国内添乗では7,000円から12,000円、海外添乗で8,000円から25,000円が相場です。

そして、経験を積めば最高年収が800万円に届くこともあります。「これだけは人に負けない」という専門分野を作るなど、自分の努力次第で収入も変わってきます。

ツアーコンダクターになるための学校選びのコツ

ツアーコンダクターの資格取得にも、収入アップにも、実践的経験が必要不可欠です。短大や大学の観光系学科では、幅広い知識を学べますし、それも役に立つでしょう。しかし、就職してから旅程管理主任者資格を取得したり、経験を積んだりしていては後手後手になってしまいます。そこで検討したいのが、専門学校への進学です。

たとえば、駿台観光&外語ビジネス専門学校の旅行専科なら、在学中に旅程管理主任者資格が取得できます。インターシップとして、副添乗業務ができる体制が整っているからです。

その他、以下のような資格も取得できます。

・国家資格である「旅行業務取扱管理者」
・航空・ホテルなどの予約システムを使いこなす「アマデウスシステム検定」
・「英検2級」
・サービスに携わるものなら持っておきたい「サービス介助士」

旅程管理主任者の資格を活かして、在学中からツアーコンダクターとして職場体験をアルバイトで積んでいる在学生もいるのです。

旅行会社の就職には、確かにこれと決まった資格は必要ありません。しかし、即戦力になる資格と実務能力は、大きな武器になるはずです。それは、旅行会社も見逃さないでしょう。

短大、大学ではなかなか身につけられない実戦力をつけたい場合は、専門学校をおすすめします。

まとめ

  1. ツアーコンダクターの仕事内容は多岐にわたる。スケジュール調整やお客様の誘導、トラブルへの対応、ツアー終了後の清算業務や報告書の作成など、ツアーコンダクターの仕事は多岐にわたります。
  2. ツアーコンダクターに必要な資格は、「旅程管理主任者」旅程管理主任者資格は、国内旅程管理主任者資格と総合旅程主任者資格の2種類あり、旅程管理研修の終了と実務経験(1回から2回以上の添乗業務)が取得条件です。
  3. 同じ観光でも、大学と専門学校では学ぶ内容が大きく違う大学では、観光業界全般についての幅広い知識・体系等を学びますが、専門学校は旅行業界で活躍するのに必要な知識・法律・運賃料金の計算等に加え資格の取得対策授業がカリキュラムに組み込まれています。
  4. 駿台観光&外語ビジネス専門学校なら、在学中からツアーコンダクターになれる!駿台観光&外語ビジネス専門学校なら、在学中に旅程管理主任者資格を取得でき、ツアーコンダクター(在学中・週末等に)として活躍できます。その他にも、旅行会社に就職する際に有利な様々な資格を取得可能です。