ホテルスタッフやホテルコンシェルジュの魅力や仕事のやりがい


ホテルスタッフやホテルコンシェルジュの魅力、仕事のやりがいについてご紹介します。

ホテルスタッフやホテルコンシェルジュというと、ドラマに出てくるような華やかなイメージをお持ちの方も多いかもしれません。オシャレでカッコいい制服を着用し、笑顔でキビキビと働く場面は、ホテルを訪れたことがある人なら想像しやすいでしょう。しかし、実際のところはどのような仕事をしているのでしょうか。今回は、ホテルスタッフやホテルコンシェルジュの魅力、仕事のやりがいについてご紹介します。

ホテルスタッフの仕事内容

お客様を「いらっしゃいませ」と迎えてくれるスタッフ(ドアパーソン)や、フロントでチェックイン手続きを行うスタッフ(フロントスタッフ)は、一般的にホテルスタッフと呼ばれています。宿泊中にちょっとお願いしたいことがあるときや、わからないことがあるときなどにも、対応してもらえます。

実際にホテルに宿泊してお客様が直接目にするのは、主に接客をしているときのホテルスタッフの姿です。接客の部分は、イメージが湧きやすいのではないでしょうか。大きいホテルの場合はお客様をお部屋まで案内する仕事をメインにするスタッフが配置されており、フロントの近くで待機していることがあります。お荷物を持ってお客様をお部屋まで案内するスタッフは、「ベルパーソン」と呼ばれています。

一方、接客ではない仕事を担当するスタッフも。例えば、季節ごとのイベントやディナーショーなどを立案・実施する企画や、それらの宣伝活動をし、集客を担当する広報、更には、客室の清掃、ベッドメイキングをするスタッフやホテル館内の施設修繕スタッフ、会計、人事、総務などの仕事です。こちらは、お客様側からすると裏方の仕事であり、実際に目にする機会はあまりないでしょう。

ホテルはみなさんが実際にホテルを訪れた際に目にする接客担当だけでなく、様々な部署の担当者がお客様に快適な時間を過ごしていただくために一丸となって頑張っていますが、やはり接客担当のホテルスタッフによって、ホテルの印象が大きく左右されることは間違いないでしょう。

ホテルコンシェルジュの仕事内容

ホテルコンシェルジュは、接客がメインの仕事です。コンシェルジュカウンターなどを設けて、フロントとは別に業務を行っているホテルもあります。

ホテルコンシェルジュは、お客様からのあらゆる要望に応えます。お客様からの要望といっても多種多様であり、例えば「ホテル周辺の観光地を3時間で回れるコースを提案してほしい」と言った観光関連のリクエストであったり、「誕生日のサプライズプレゼントをあと1時間で用意してほしい」「具合が悪いので薬が欲しい」「新幹線のチケットを手配して欲しい」というものであったりします。

まさに、お客様の秘書的な仕事内容とも言えるでしょう。

ホテルスタッフやホテルコンシェルジュの魅力や仕事のやりがいとは?

ホテルスタッフやホテルコンシェルジュなど、ホテル関連の職種に共通した点として、いずれも接客業であり、高度なサービススキルが必要な業種であるということです。お客様と直に接する仕事ですので、感謝されることも多い仕事です。お客様に喜んでもらえたときや、自分の仕事がお客様の役に立ったときなどにやりがいを感じることが多いでしょう。

近年、インバウンドの増加により、ホテルの数が年々増加しています。中には海外のホテルチェーンによる日本への新規参入などもあります。ホテルスタッフを目指す方にとっては活躍の場が広がっているのはうれしい状況でしょう。さらに、語学が得意で語学を生かした仕事を目指している方にとっても、外国人のお客様が多い外資系のホテルは魅力に感じられるのではないでしょうか。

また、ホテル業界は転職することでステップアップをはかることが一般的な業界です。そのためには、新卒時に一流・有名ホテルへ就職しキャリアを確実に積んでおくことが必要です。つまり、一流・有名ホテルに就職できる学校選びが重要と言えるでしょう。

ホテルスタッフやホテルコンシェルジュを目指すなら駿台観光&外語ビジネス専門学校

駿台観光&外語ビジネス専門学校のホテル学科では、ホテルスタッフになるために必要な技能の習得や語学力の向上、業界が求める資格を取得することができます。インターン先は海外ホテル、国内ホテル、リゾートホテルなど様々です。いち早く業界のプロフェッショナルになりたい方はぜひ、駿台観光&外語ビジネス専門学校のホテル学科で学んでみませんか?