キャビンアテンダントに英語力は必要?


キャビンアテンダントになるためには英語力がどの程度必要かについて解説します。

「英語力には自信がないけど、どうしてもキャビンアテンダントになりたい」
「キャビンアテンダントになるためには、どのくらいの英語力が必要?」

そんな風に悩んだり、心配したりされていませんか?国際線のキャビンアテンダントは海外路線がメインとなり、国内線キャビンアテンダントの場合でも外国人の方がたくさん搭乗するため、一般的に英語がしゃべれないといけない、と思われがちです。

そこで今回は、キャビンアテンダントになるためには英語力がどの程度必要かについて解説します。効果的な学習法についても紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

英語ができなくてもキャビンアテンダントにはなれる?

キャビンアテンダントとして採用されるためには、どの程度の英語力が必要とされているのでしょうか?

TOEICの点数が重視される傾向に

日本国内の大手航空会社では、キャビンアテンダントの新卒採用基準として「TOEIC600点程度以上の英語力」という基準が設けられていることがあります。TOEIC600点とは、1対1で相手がゆっくり話してくれれば、相手の話していることが理解できるという程度です。

外資系(アメリカやヨーロッパ)の航空会社では、「TOEIC750点以上」や「英語力堪能であること」という基準が設定されている場合があります。

英語力がある=採用、という単純な図式ではない

注意したいのは、英語力さえあればキャビンアテンダントに採用される、というわけではないことです。もちろん、採用後には英語を実際に使用する場面も多いため、英語力は非常に重要な要素ですが、あくまで採用時の合否基準の一つです。

英語力だけでなく総合的な人間力も重要

キャビンアテンダントの仕事には、お客様の要望に臨機応変に対応する力、非常事態にも落ち着いて対応し、乗客にアナウンスする力、上空での仕事に耐える体力など、総合的な人間力が求められます。採用試験の面接の受け答えなどでチェックされるポイントになりますので、志望する航空会社の求める人材の傾向を研究しましょう。

英語力がすべてではないが面接でのアピール材料にはなる

各航空会社が求める基準以上の英語力を持っている方は、積極的にアピールをしましょう。また、1点でも高い点数を目指す姿勢を熱意としてアピールすることもできますし、キャビンアテンダントとして採用された後も現場で英語力は必要ですので、英語力を伸ばす努力をし続けましょう。

英語力を効率良くアップさせるには?

競争率の高いキャビンアテンダントの採用内定を勝ち取るには、英語力を効率良くアップさせる必要があります。

TOEIC対策がオススメ

採用の共通基準として、TOEICの点数を掲げる航空会社が多い現状があるため、まず、TOEIC対策に取り組むことをオススメします。自分が目指す航空会社の基準点に到達するよう対策を行いましょう。

留学する

限られた時間の中で、飛躍的に英語力を向上させる方法として、1~2カ月程度の短期留学も一つの選択肢になります。注意したい点としては、語学力アップのために短期留学に行ったことをそのまま面接で伝えても、アピールになりにくいことです。

どのような目的で留学を決意し、どのような準備をして、留学の結果どんな体験が得られたか(語学力のアップ以外で)を伝えることで、英語力のアップと面接対策の両方に効果が期待できます。

専門学校のエアライン学科に通う

大学や短大からキャビンアテンダントの採用試験に応募することもできますが、最初から第一志望をキャビンアテンダントに絞っている場合には専門学校も選択肢の一つになります。

4年制の大学と異なり、専門学校は2年制。面接対策や英語対策などエアライン業界内定のためのカリキュラムが組まれていて、TOEICの対策コースも設けられています。

駿台観光&外語ビジネス専門学校のエアライン学科で英語力を着実に伸ばす

駿台観光&外語ビジネス専門学校のエアライン学科では、「2年でキャビンアテンダントになる」を目標として、英語力を着実に伸ばすカリキュラムが組まれています。TOEIC990点満点講師陣によるTOEIC対策、英検対策などの授業や、毎日強制的にネイティブ講師と25分間1対1で英会話を行うEnglish Conversation One to One等が実施されています。

TOEIC対策では、250点以上アップ、英検では2級以上を目標としており、目標達成者が続出しています。また、TOEICに関しては長期休みを利用した春夏特訓も実施しており、効率良く着実に英語力を伸ばせる体制が整っています。入学時から卒業までの間に400点以上アップした学生も。

面接対策や各種資格取得対策など、2年間でエアライン業界内定のためのすべてが学習できるコースですので、キャビンアテンダントになりたい方は駿台観光&外語ビジネス専門学校のエアライン学科で学んでみませんか?