アメリカに留学したい!


正規留学と語学留学の違いや必要な資格について解説

「本格的に英語を身につけたい!」と思った人は、一度は英語圏への留学を考えたことがあるのではないでしょうか?英語圏の国の中でも、ビジネス英語を学ぶなら、まず候補に挙げられるのがアメリカです。文化や歴史も日本とは全く異なり、あらゆる学問や技術の最先端といえるアメリカへの留学は、語学以外にもきっと得られるものがたくさんあるはずです。

アメリカへの留学には、大きく分けて正規留学と語学留学があります。
こちらでは、その2つの違いや必要な資格などについて詳しく解説していきます。

アメリカへの留学には、正規留学と語学留学がある

アメリカへの留学には正規留学と語学留学の2パターンがありますが、それぞれどのようなものなのでしょうか?

正規留学とは?

正規留学とは、日本の大学で勉強するのと同じように、アメリカの4年制大学や大学院へ入学し、学位取得を目指すための留学です。基本的にはアメリカの学生を対象にしているので、授業はすべて英語で行われます。そのため、最低限でも授業を理解できる英語力は不可欠(入学条件としてTOEFLスコアが設定されている)。

また、専攻は大学入学後に決められるのが、日本の大学との大きな違いです。正規留学をしている人に多いのは、「アメリカでしかできない勉強がしたい」「MBAのような、世界的に通用する資格を取得したい」といった明確な目的を持っている人たち。卒業後はアメリカで就職するのは難しい状況です。日本の企業に就職している方が多いようです。

語学留学とは?

アメリカへの語学留学とは、文字通り"英語を学ぶ"ことを目的とした留学です。そのため、語学力は特に必要なく、入学試験なども設けられていないケースが多いので、気軽にできる留学ともいえるでしょう。ただし、ビザが必要となります。

正規留学、語学留学それぞれのメリット・デメリット

同じ留学でも、正規留学と語学留学ではかなり違いがあります。では、それぞれどのようなメリット・デメリットがあるのかを見ていきましょう。

正規留学のメリット・デメリット

正規留学のメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

・高い英語スキルが身に付く
・レベルの高い教育が受けられる

語学留学のメリット・デメリット

語学留学のメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

・語学力がなくても入学できる
・希望するエリアや学校で勉強できる
・好きな時期に入学できる

一方、デメリットとしては、ネイティブと話す機会が少ない、日本人同士でグループを作ってしまいがち、正規留学と違い現地での就職に繋がりにくい、といったことが挙げられるでしょう。

アメリカ留学の費用は?

海外留学となると、やはり費用も気になるはずです。
正規留学と語学留学にかかる費用の目安についてご説明しましょう。

正規留学の費用目安

アメリカへの正規留学にかかる費用は、私立or州立によってかなり変わります。具体的にかかる費用(授業料)の目安としては、以下を参考にしてみてください。(※金額は2018年度のデータ)

・【州立】UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の1年間の授業料  約43,000ドル
・【私立】スタンフォード大学の1年間の授業料  約54,000ドル

この2つの大学は、どちらもカリフォルニアを代表する有名大学ですが、州立と私立では年間10,000ドルも変わるのです。

正規留学の場合は、日米教育委員会の「フルブライト奨学金」をはじめ、大学での成績が優秀な場合はスカラーシップなどを受けられる場合もありますが、大変難しいのが現状です。

語学留学の費用目安

語学留学にかかる費用は、留学期間や履修クラス数、さらに通う語学学校の授業料設定によっても大きく変わります。

1ヶ月間、語学学校へ通う場合でいえば、半日授業で授業料は1,500ドルの学校もあれば、同じ半日授業でも授業料は600ドルしかかからない学校もあります。

このような違いは、主に学校のロケーションやアクティビティの種類数などによるものといえます。

語学留学の場合でも、ICC国際交流委員会の奨学金のように利用できるものもありますが、正規留学に比べるとかなり数は少なくなるようです。

学費以外にかかる費用の目安

正規留学、語学留学どちらの場合でも、学費以外に食費・住居費・留学保険料・交通費などが必要になります。

州によって異なりますが、アメリカで1ヶ月生活する場合にかかる費用としては、食費+住居費で10~15万円、留学保険料として2万円、交通費や雑費として2万円程度は見ておいたほうが良いでしょう(※食費+住居費については、ホームステイ、寮、ルームシェアなど住居形態によっても変わります)。

アメリカで生活するにあたっての注意点

アメリカの治安は良くなっているとはいわれていますが、世界有数の治安の良さを誇る日本と比べると、毎日の生活で気を付けるべきことはたくさんあります。

たとえば、夜遅くに歩いて一人でコンビニに行かない(出歩かない)、危険だといわれているエリアにはたとえ日中であっても近づかないことは、基本中の基本です。

また、学生ビザでの留学の場合は、正規留学で条件次第でアルバイトが認められるほかは、働くことはできません。学生ビザで働いた場合、最悪日本へ強制送還される可能性もあるので注意してください。

正規留学には資格(英語力)が必要

アメリカへの正規留学には、入学に際して英語力(TOEFL)の証明が必要です。必要なスコアは大学ごとに異なりますが、その中から、いくつかの大学の入学条件となっているTOEFLスコア(iBT)をご紹介しましょう。

・ハーバード大学/TOEFL(iBT)スコア/100
・ハワイ大学マノア校/TOEFL(iBT)スコア/61
・カリフォルニア大学バークレー校/TOEFL(iBT)/68

ご紹介したのは名門といわれている大学ですが、このレベルになるとやはり入学条件のTOEFLスコアも高く設定されているのがわかります。

まとめ

英語スキルに関係なく気軽にできる語学留学と、勉強は大変だけれど就職にも活かしやすい正規留学、どちらにもそれぞれメリット・デメリットがあります。

自分が将来どうなりたいかという目標をしっかり見極めて、予算なども考慮しながら、ベストなアメリカ留学をしてください。