ドレスコーディネーターはどんな職業?


仕事内容やなり方を解説

「ドレスコーディネーターは、色鮮やかなウェディングドレスに囲まれて働けるの?」
「ドレスコーディネーターになるには、どんな準備や勉強をしたらいいの?」

この記事では、ドレスコーディネーターという職業に憧れる方に向けて、ドレスコーディネーターの具体的な仕事内容や活躍するために欠かせないスキルや資質、資格などをご紹介していきます。

ドレスコーディネーターの仕事内容とは?

ドレスコーディネーターとは、花嫁の希望などを聞き、似合うウェディングドレスやアクセサリーなどを見立てる専門家のことです。ウェディングドレスだけではなく、お色直し衣装や和装、新郎のタキシードなど、結婚式に関するすべての礼装のアドバイスをおこないます。

ちなみにドレスコーディネーターは、コスチュームアドバイザーやブライダル業界のファッションスタイリストと呼ばれることもあります。

ドレスコーディネーターの腕の見せどころは、単純に花嫁に似合うものを提案するだけでなく、花嫁のコンプレックスをカバーしながら、魅力が引き立つドレスやコーディネートなどを考えることです。それだけでなく、以下のような仕事も担当します。

・お客様のカウンセリング
・試着のサポート
・商品の手配
・ドレスのお手入れ、手直し
・ブライダルフェアなどのイベント参加

ドレスコーディネーターはどこで活躍しているの?

ドレスコーディネーターの就職先として非常に多いのは、ドレスショップや結婚式場、ホテルの衣装室、貸衣装店です。こうした場所で働く場合、ウェディングドレスなどの洋装だけでなく、和装の知識も必要です。

ドレスコーディネーターに求められる資質とスキル

ブライダル業界で活躍するドレスコーディネーターの多くは、次のようなスキルや能力をバランス良く持ち合わせています。

傾聴力

お客様に満足していただける提案をするには、まず花嫁が感じている不安や要望、コンプレックスを上手に聴き出す能力が必要です。このスキルが高いドレスコーディネーターは、ドレスだけでなく婚礼全般の相談役としてお客様から頼られやすくなります。

コミュニケーション力

ドレスコーディネーターは、新郎新婦はもちろん、ご両親やご親族、ウェディングプランナーや他部門のスタッフなど、幅広い年代や立場の方と話す機会が非常に多い仕事です。そのため、計画や提案を的確に伝えたり相手に納得してもらったりするコミュニケーション力も必要となるでしょう。

豊富な知識

最適な提案をするには、ドレスラインやカラーコーディネートのほかに、アクセサリーなどの知識も必要です。また、結婚式という、特別な1日の衣装のアドバイスをおこなうため、フォーマルウェアの知識や、婚礼全般の知識も求められます。

ドレスコーディネーターになるには?必要な資格はある?

ドレスコーディネーターは、貸衣装店やホテルの衣装室などに就職して経験を積むことで一人前になれる仕事です。ただし、即戦力として早い段階から活躍できる婚礼知識や接客マナーを習得するには、ブライダル関連の実習もできる専門学校への進学が理想だといえます。

資格取得の面でも、多忙な社会人生活のなかで資格取得のための勉強をするよりも、在学中に教員の指導を受けながら取得したほうが効率的です。

ドレスコーディネーターに必要な資格とは?

ドレスコーディネーターは、資格を必須とする職種ではありません。ですが、お客様に総合的なアドバイスができる専門家になるには、婚礼衣装の知識や技術全般を学べる日本ウェディングスタイリスト協会(JWSA)の認定資格などを取得しておくのがおすすめとなります。

ほかにも、この職種を目指す学生の間では知識に厚みをもたせるために、色や和装、服飾系の次のような資格を取得する人も多く見受けられます。

・色彩検定
・パーソナルカラー検定
・フォーマルスペシャリスト検定
・きもの文化検定
・ジュエリーコーディネーター

まとめ

ドレスコーディネーターは、結婚式に関わる全ての衣装のアドバイスやコーディネートをおこなう仕事です。結婚式という晴れの日に身にまとう「特別な1着」を選ぶお手伝いは、責任は大きいですが、非常にやりがいがあります。

ドレスコーディネーターとしてブライダル業界で活躍するには、以下のようなスキルがバランス良く備わった人材になる必要があります。

・傾聴力
・協調性
・コミュニケーション力
・ドレスや婚礼全般の豊富な知識

ドレスコーディネーターは、結婚式場の衣装室などで働きながら、日々の仕事を通してステップアップできる職種です。ですが、若いうちから期待される人材になるには、実習を通して婚礼全般の知識なども習得できる専門学校を卒業してから、就職するのが理想的です。

多方面で活躍できるドレスコーディネーターになるには、この職種の総合資格ともいえる日本ウェディングスタイリスト協会(JWSA)の認定資格を中心に、さまざまな専門資格の勉強をしてみてください。