一流・有名ホテルのレストランサービスの仕事内容とは?


求められるスキルやなり方を徹底解説

「一流ホテルの結婚式場や高級レストランで働いてみたい……」

こうした想いのある方におすすめしたいのが、レストランサービスと呼ばれる人気職種です。今回は、レストランサービスの具体的な業務内容や、現場で求められるスキルや資質などを詳しくご紹介していきます。

レストランサービスの仕事内容とは?

レストランサービスとはレストラン内における食事提供や料飲の仕事に携わる人の総称です。カフェやファミリーレストランというよりも、ホテルや一流レストランといった高級なお店で活躍する人を指す言葉となります。

客席で料理の配膳や注文をとるほかに、ビュッフェ形式のレストランでは、なくなった料理の補充などをすることもあります。

レストランサービスの仕事に求められるスキルと知識

この職種でお客様満足度の高いサービスをするには、以下のように多くの知識やスキルをバランス良く習得しておく必要があります。

マナーの知識

日本語で行儀作法と訳されるマナーは、お客様に失礼にならないために必ず覚えるべき知識です。レストランサービスの仕事では主にテーブルマナーと接客マナーを必要とされます。

テーブルセッティングも大きく関係するテーブルマナーには、ヨーロピアンスタイルとアメリカンスタイルなどの種類があります。

一方、接客マナーでは、「いらっしゃいませ」や「恐れ入ります」といった接客7大用語を自然と言えるようにすることから始まります。

食品や食文化の知識

多くのお客様に愛されるサービスを提供するには、オーダーや配膳といった決められた仕事だけでなく、使われている食材の特徴や産地、食文化などの知識を話せるようになるのが理想です。

特に食へのこだわりの強いお客様は「これはどこで採れた野菜ですか?」や「〇〇地方ではどんな食べ方をするの?」といった興味を抱く傾向もあります。そのため、こうした問いにスムーズに答えられるだけの知識を持ち合わせていたほうが、お客様とのコミュニケーションも円滑になります。

おもてなしの心

世界的にホスピタリティと呼ばれるおもてなしとは、目配り・気配り・心配りのことです。「どうしたらお客様に喜んでいただけるか?」を常に考えて行動できる姿勢が求められます。

初めてレストランサービスの世界に入ったばかりの新人にとって、お客様のニーズに対して先まわりすることは難しいかもしれません。しかし現場での経験や知識が増えてくると、自然とおもてなしの心で気の利いたサービスができるようになるといわれています。

語学のスキル

訪日外国人の旅行が増える近年の日本では、インバウンド対応ができる十分な語学力が求められるようになりました。一流ホテル等のレストランサービスの場合は、語学とマナーを組み合わせたサービスが必要となるので、この職種を目指すのであれば、学生のうちからなるべく早めに英語の勉強を進めておくのが理想です。

レストランサービスの仕事はどのように始めればいい?

ホテル等の高級レストランなどで即戦力として活躍できる人材になるには、ホテルコースのある専門学校から就職するのが理想です。こうした学校に入ると、バーサービスや宿泊サービスの実習を通して、ホテルでおこなわれている他部署の仕事内容も把握しやすくなります。

また、多くの専門学校では資格取得にも力を入れていますので、在学中に多くの試験にチャレンジすることをおすすめします。

レストランサービスに必要な資格はある?

レストランサービスには、「これがないと就職できない」といった資格はありません。ですが、以下の資格を持っていたほうが就職活動の際に自分のスキルや知識をアピールしやすくなります。

・レストランサービス技能検定(国家資格)
・マナー・プロトコール検定
・ホテルビジネス実務検定

また前述のとおり、サービス業にインバウンド対応力が求められる今の時代は、TOEICや中国語検定・ハングル検定などの語学系の試験への挑戦もおすすめです。

まとめ

ホテルなどの一流の飲食店や結婚式場で働くレストランサービスは、カフェやファミリーレストランといったカジュアルなお店のウェイトレスよりも高度な知識・スキルが求められます。

お客様の失礼にあたらない対応が求められるこの仕事では、テーブルマナーや接客マナーなどの知識のほかに、おもてなしの心なども必要となります。

一流ホテル等への就職には、まずホテルコースのある専門学校への入学がおすすめです。こうした環境でレストランサービスや宿泊サービス、バーサービスなどの学習や実習をおこなえば、就職活動も有利に進めやすくなるでしょう。