韓国語を活かせる仕事に就きたい!


おすすめ7業種の仕事内容を解説

この記事では、韓国語のスキル活かせる7つの業種を紹介します。具体的な仕事内容や難易度をご紹介するので、自分の韓国語レベルに合った職種を模索中の方は、ぜひチェックしてみてください。

韓国語のスキルを活かせる仕事とは?

韓国語スキルを活かして就職しやすいのは、以下の業種です。

1.宿泊業(ホテル・旅館)
2.航空会社
3.免税店
4.観光案内
5.日本にある韓国企業
6.貿易事務
7.韓国語の通訳

それぞれ、見ていきましょう。

1.宿泊業(ホテル・旅館)

宿泊業には、フロント、コンシェルジュ、ドアマン、レストランサービスなどの職種があります。韓国語のスキルがあれば、日本国内の外資系ホテルにも就職しやすいです。

ホテル・旅館で活躍するなら、接客の定番フレーズだけでなく、お客様の悩みや要望に応えられるだけの高い韓国語スキルが必要になりますし、国際感覚(韓国の価値観や文化の知見)も求められます。

2.航空会社

韓国系航空会社のグランドスタッフも、非常に人気の高い職種です。グランドスタッフの場合、首都圏の予約センターや国際空港といった日本国内での勤務が可能となります。

また、日本人スタッフを積極採用する企業の場合、東京や大阪での選考がおこなわれるところも大きな特徴です。

目指すなら、インターンシップやグランドスタッフ研修がある専門学校への入学がおすすめです。インターンシップでは、韓国人のお客様をお迎えするための会話力や礼儀作法マナーなども身につけられます。

3.免税店

免税店も、韓国語を活かせる職種です。

世界からたくさんのお客様が来店する免税店では、韓国語と英語のダブルスキルがあるのが理想とされています。また、コスメ販売に力を入れる店舗では、海外のお客様にメイクを施すスキルも必要です。

また、旅行のピークシーズンには、搭乗直前の短時間に多くのお客様が訪れるため、一般の小売業とは異なるスピーディーな商品紹介や、お客様の要望を聞き出す傾聴力も求められます。

4.観光案内

各地域の観光案内所でも、韓国語を話せるスタッフを求めています。この職種では、観光とともに交通案内もおこないます。ですから、各観光名所への所要時間や、バスやタクシーといった交通手段ごとのメリット・デメリットも知っておくのが理想です。また、ホテルなどの各種手配のサポートに携わることもあります。

観光案内所では、接客や接遇業務の経験者を歓迎する傾向があります。したがって、この職種で活躍することを目指すなら、専門学校などの在学中に接客業のアルバイトに従事しておくことをオススメします。

5.日本にある韓国企業

高度な韓国語スキルを持つ人には、韓国企業の日本オフィスもオススメできます。韓国企業で働けば、多くの韓国人に囲まれて仕事をすることで、韓国の文化も学べます。

日本にある韓国企業に就職した場合、日本向けサービスの担当になる傾向があるので、お客様とのやり取りで使う言葉は日本語という場合も多いです。

しかし、韓国企業の場合は、社内の公用語を韓国語と定めていることがあります。ですから、韓国企業で働くことを目指す場合は、韓国語を使ったコミュニケーションがスムーズに取れて、業務指示も難なく理解できるだけの韓国語スキルが必要です。

6.貿易事務

貿易事務は、韓国系商社や貿易センターなどで働く仕事です。この職種の大きな特徴は、以下のように非常に多彩な業務を任される点になります。

・韓国本社とのスケジュール調整、出荷の手配
・社内システムを使った発注
・貿易書類の確認(船荷証券・インボイス・パッキングリスト など)
・納期管理
・日本の物流企業とのやり取り など

貿易事務で求められる韓国語スキルは、会話や読み書きができるビジネスレベルです。また、メーカーや貿易実務の経験があると、就職に有利になります。

7.韓国語の通訳

韓国語の翻訳も、ネイティブからビジネスレベルのスキルが求められる仕事です。

文芸・実務・映像と非常に多彩なカテゴリがあるため、どの分野に携わるかによって仕事の難易度が変わってきます。たとえば、学術書やビジネス文書などの翻訳をする場合は、韓国語のスキルだけでなく、医学やITといった専門知識も必要となるでしょう。

翻訳の仕事には、在宅やフリーランスといった多彩な働き方があります。また、スピーキング能力があまり求められないところも、通訳などの他業種との大きな違いです。

まとめ

今回は、韓国語スキルを活かせる7つの業種をご紹介しました。

1.宿泊業(ホテル・旅館)
2.航空会社
3.免税店
4.観光案内
5.日本にある韓国企業
6.貿易事務
7.韓国語の通訳

韓国語のスキルを活かして就職したい場合は、本格的な韓国語を学べる専門学校に入るのが近道です。専門学校では、語学力の習得はもちろん、韓国文化への理解も深めることができるので、就職後に現地の人々とのコミュニケーションも図りやすくなります。