ホテルで働くには何が必要?


ホテル業界を目指す人に知って欲しい3つのこと

この記事では、ホテル業界への就職を目指す人のために、ホテルで働くうえで求められる資質や資格などを解説します。後半では、キャリアアップにもつながるおすすめの進路も紹介していきます。

ホテル業界に関心のある方は、ぜひチェックしてみてください。

ホテルで働くのに向いているのはどのような人?

ホテルフロントの仕事で代表的なのは、フロントに来られたお客様のチェックイン・チェックアウトにともなう業務です。

  • ・(宿泊部門)フロント、コンシェルジュ、ベルパーソン、ドアマンなど
  • ・(料飲部門)クローク、ルームサービス、ウェイトレス、宴会サービス など
  • ・(管理・営業部門)経理、人事、企画、広報、総務 など

したがって、求められる資質や適性は、職種によって大きく異なります。なかでも、お客様と直接関わる機会が多い職種の場合、以下のような人が向いていると考えられています。

◇おもてなしが好きな人

接客サービスをするうえで最も大切なのは、ホスピタリティといわれるおもてなしの精神です。「人のために何かしたい」「人の喜ぶ顔が見たい」といった気持ちを大切にする人は、ホテルサービスの仕事に向いています。

◇観察力がある人

ホテルで接客の仕事をするには、お客様を観察して仮説を立てて、いま求められているサービスを提供するスキルも必要です。ロビーなどで困っているお客様への声かけにも、観察力が求められます。また、ホテルで働く場合は、設備の不具合や汚れ、天候といったお客様以外のことも観察しなければなりません。

◇協調性がある人

ホテルの仕事には、高いサービススキルがあっても、自分だけでは解決できない問題がたくさんあります。そのため、ホテルはスタッフの連携が不可欠な職場であると考えられているのです。こうした環境でサービス提供の速さやレベルを上げるには、他のスタッフとの協力や連携をすることが必要となります。

ホテルで働くのに必要な資格はある?

ホテルで働く際にあったほうがいい資格も、職種によって異なります。接客の仕事をする場合は、以下の資格を取得しておくのがおすすめです。

◇TOEIC

TOEICは、英語によるコミュニケーション能力等を測るテストです。特に、一流有名ホテルでフロントやコンシェルジュ、ドアマンといった宿泊部門を目指す方は、600~900点以上の取得をおすすめします。また、TOEICの高いスコアがあれば、外資系ホテルへの就職や業界内でのキャリアアップもしやすくなるでしょう。

◇ホテルビジネス実務検定

ホテル業務に必要な知識をまとめて習得できる検定試験です。試験結果の通知表も発行されるため、自分の長所・短所や各分野の達成状況の把握にも活用できます。また、この試験勉強を通して多彩な業務に触れておくと、就職後に他部門スタッフとの連携もしやすくなるでしょう。

◇サービス接遇検定

サービス業に対する心構えや応対技術、振る舞い、対人心理の理解などが審査される検定試験です。就職試験で問われることが多い専門知識や一般知識も出題範囲に含まれています。1級試験になると、テレセールスやセールストークのロールプレイングを通して、サービス接遇者にふさわしい態度や話し方であるかどうかの審査も行なわれます。

ホテルで働くのにおすすめの道のりは?

将来的にホテルで働きたい人には、観光系専門学校のホテルコースで学習するのがおすすめです。

◇観光系専門学校ではどのようなことを学べるの?

観光系専門学校の最大の魅力は、以下のようなホテル業務について総合的に学べることです。

  • ・ホテル概論
  • ・コンシェルジュ実務
  • ・レストランサービス実習
  • ・ブライダル概論 など

総合的な学習は、他部署との協力やキャリアアップにも役立ちます。他には、ホテルなどのサービス業で使う接遇マナーや英語なども習得可能です。こうした環境で学習に励むと、ホテルへの就職後に即戦力として働きやすくなるでしょう。

◇資格取得や就職にも強い観光系専門学校

観光系専門学校では、授業のなかで資格試験の対策を行います。そのため、大学などに通いながら独学で受験を目指すよりも、はるかに効率的です。また、在学中に合格した資格を履歴書に記載すれば、面接試験で自身のスキルをアピールしやすくなります。

専門学校は、有名ホテルの就職実績も豊富です。豊富な先輩の就職活動レポートをチェックし、ホテルごとの事前対策が可能なのも専門学校の強みです。就職したいホテルが決まっているなら、過去3年間の就職実績を確認し、就職したいホテルに内定実績があるかどうかも学校選びのポイントとなります。

まとめ

ホテルで働くには、おもてなしの心や観察力、協調性といった資質があるのが理想です。また、フロントなどの接客中心の職種を目指す人は、英語や接遇に関する資格を取得しておいたほうが、就職試験で有利となります。

これらのスキルは、駿台観光&外語ビジネス専門学校のホテルコースでも学習・習得可能です。TOEICのハイスコアや英検2級を取得した先輩のなかには、大都市の一流ホテルに就職した人もたくさんいます。カリキュラムなどに興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。