韓国語の専門学校の特徴とは?


おすすめポイントや大学との違いも解説

この記事では、以下のポイントから、韓国語が学べる専門学校の特徴を詳しく解説していきます。

  • ・カリキュラム
  • ・講師
  • ・資格
  • ・留学
  • ・就職

将来的に韓国語を使った仕事に就きたいなどの理由で、「大学と専門学校のどちらで学べばいいか?」と考えている方は、ぜひこの記事の内容を参考にしてみてください。

韓国語を学べる専門学校の特徴1 カリキュラム

韓国語を学べる専門学校の最大の特徴は、以下のようなカリキュラムを通して、幅広い角度から韓国語を学べることです。

  • ・韓国語文法
  • ・韓国語会話
  • ・韓国語作文
  • ・韓国語リスニング など

また、専門学校には、ソーシャルマナーやキャリアスタディ、IT系など、大学ではなかなか学べない実習もあります。したがって、学校内のカリキュラムどおりの勉強を進めれば、韓国語を仕事に活かす準備もできます。

韓国語を学べる専門学校の特徴2 講師

ネイティブの韓国人講師に教えてもらえるところも、専門学校の大きな魅力です。

例えば、駿台観光&外語ビジネス専門学校の場合は、韓国人講師の先生が20人以上も在籍しています。仕事で韓国語を使えるようにするには、正しい発音が不可欠なため、ネイティブの講師から教わったほうが効率よく習得できます。

韓国文化地歴などの授業では、韓国人の先生からリアルな話を聴くことも可能です。授業を何度も受けていると、韓国の現地で仕事や生活をするイメージも膨らみやすくなるでしょう。

韓国語を学べる専門学校の特徴3 資格

専門学校では、韓国語検定やハングル能力検定といった資格取得にも力を入れています。

韓国語を使った仕事で活躍するには、こうした資格を履歴書に記載し、自分の語学スキルをアピールしていく必要があります。大学の場合、普段の授業から資格取得対策に力を入れることはあまりないため、就職に向けて韓国語の資格をとるには、多くの合格者を輩出している専門学校で本格的な対策授業を受けることをおすすめします。

また、専門学校には、先述の2大資格のほかに、英語や韓国語を使う業界で人気の高い以下の試験対策も可能となっています。

  • ・TOEIC
  • ・秘書検定
  • ・サービス接遇検定 など

外国人のお客様が多い航空業界やホテルなどで働く場合、韓国語と英語のダブルスキルを持っていたほうが採用試験で有利になります。また、将来的に現地の宿泊施設などで働く際にも、専門学校時代に習得した複数の語学スキルや資格は役立つはずです。

韓国語を学べる専門学校の特徴4 留学

より本格的に韓国語を学びたい場合は、専門学校の短期留学を利用して、現地で韓国語に触れてくるのもおすすめです。

大学の場合、留学先の大学の学費は別途納入する必要があったり、現地でかかる費用もすべて実費だったりすることが多いですが、専門学校では、学費のなかに語学留学にかかる以下の費用がすべて含まれていることもあります。

  • ・現地での学費
  • ・飛行機代
  • ・宿泊費
  • ・食費 など

専門学校は、在学中に留学費用の心配が要らないという意味で、留学にチャレンジしやすい環境です。現地の大学でハイレベルな韓国語に触れたい人には専門学校がおすすめです。

韓国語を学べる専門学校の特徴5 就職

韓国語により近い仕事をするなら、大学よりも専門学校がおすすめです。

例えば、韓国系航空会社で行なわれるインターンシップに参加すると、空港内で航空業界の基礎知識やグランドスタッフの仕事内容などを学べます。そしてこの経験は、就職活動時のアピールや早期の即戦力化といった点でも非常に役立ってくるのです。

また、専門学校には、各コースの学習内容に合った就職実績も非常に多いというメリットがあります。学校で習得した韓国語の知識を活かせる就職先を求める人の場合、進路が非常に多彩な大学よりも専門学校を選んだほうが、自分の希望する仕事に就きやすいでしょう。

また、就職支援も非常に充実していますので、韓国語を学びながら韓国人講師の先生などにより詳しい進路の相談をしてみてもいいでしょう。

まとめ

今回は、これから韓国語を学び始める方向けに、専門学校の特徴を5つの視点から紹介してみました。就職や資格取得にも強い専門学校は、韓国語を使った仕事に就きたいと考える方に特におすすめです。

また、ネイティブ講師との会話やリスニングも含まれたカリキュラムは、実践的な韓国語を効率よく習得するのに非常に役立ちます。韓国語を学べる専門学校に関心がある方は、ぜひ駿台観光&外語ビジネス専門学校にお問い合わせください。