キャビンアテンダントを目指すための最適な専門学校の選び方


大切な4つのポイントをご紹介します。

キャビンアテンダントになるためには、自分に合った専門学校を選ぶことが大切です。

この記事では、専門学校の選び方として非常に大切な4つのポイントをご紹介します。将来キャビンアテンダントになりたい、あるいは、航空業界への就職に関心がある方は、ぜひチェックしてみてください。

エアライン学科とは

専門学校の場合、観光学などの学問を教える大学と違って、航空業界などの仕事に直結するコースが設けられています。

そのため、キャビンアテンダントになるには、面接対策・語学・業界研究・採用筆記試験対策といった多彩な内容を座学と実習で学べる、エアライン学科に入ることが大切になります。この学科は、航空業界内定に必要なすべてが詰まった学科と考えてください。

専門学校のエアライン科では、以下のような資格試験や就職試験対策もしっかり行います。

  • ・英検対策
  • ・TOEIC試験対策
  • ・サービス接遇検定対策
  • ・サービス介助士検定
  • ・普通救命講習
  • ・手話検定対策

在学中に多くの資格を取得すれば、面接時にライバルとの差もつけやすくなります。また、同じ志を持つ仲間と一緒に切瑳琢磨することで、資格試験や就職試験の合格までのモチベーションも維持しやすくなります。

エアライン業界の採用試験に対応した身だしなみやメイクを指導してもらえるのも専門学校の特徴です。

語学力を高められそうか?

キャビンアテンダントは、外国人のお客様とも接する機会が多い職業です。したがって、語学系カリキュラムが充実した専門学校に入るのが理想となります。

第一にチェックしたいのは、英文法や構文、ライティングといった一般的な英語のほかに、スピーチやディスカッションなどの実践的な授業が受けられるかどうかです。ネイティブ講師との授業があると、現場で通じる本格的な発音も習得しやすくなります。

就職試験のことを考えると、英語の面接対策と、TOEICや英検などの受験対策ができることも大切です。特に語学系試験の場合、独学ではモチベーションの維持も難しく、採用試験までに応募要件のスコアに達しない可能性も出てきます。

そのため、合格や点数クリアまでの確実性を高めるには、やはり専門学校内で対策を受けることが理想的です。

また、飛行機に乗るお客様は、英語圏の方々だけではありません。そのため、中国語や韓国語などの第二外国語を学べたほうが活躍の幅も広がりやすくなるでしょう。駿台観光&外語ビジネス専門学校には中国語(必須)や韓国語(選択)がカリキュラムに含まれており、中国語検定やハングル能力検定等の検定を取得しています。

インターンシップや研修が充実しているか?

航空会社の施設や空港で、客室乗務員研修や空港でのインターンシップができる専門学校で経験を積むと、仕事内容が理解でき、入社後スムーズに仕事を受け入れることが可能です。また、面接時のアピールにもなります。

駿台観光&外語ビジネス専門学校では、約6ヵ月間のイギリス語学留学で、キャビンアテンダントトレーニングも受けられます。また、グランドスタッフインターンシップも導入されているのでおすすめです。

キャビンアテンダント職での内定実績はどのくらいか?

専門学校選びをするときには、必ず各校の就職実績も確認します。ここで重要なのは、自分が入社希望する会社において、キャビンアテンダント職の内定をとった先輩がどのぐらいいるかということです。

複数人の内定実績があった場合、それだけキャビンアテンダントとして採用される確率は高いと考えられます。また、各専門学校には、卒業生の就職体験談などのコメントも蓄積されています。ですから、実際にキャビンアテンダントになった先輩が多い学校に入ると、体験談を通して就職活動のポイントなども把握しやすくなるでしょう。

エアラインコースのある専門学校は、航空業界に特化した面接対策なども行えます。したがって、先述のSPI試験を含めて在学中にしっかり就職対策ができるという意味でも、専門学校に入るメリットは非常に高いです。

まとめ

キャビンアテンダントになるために専門学校に入る際には、以下4つのポイントを確認する必要があります。

  • ・エアライン学科があるかどうか?
  • ・語学力を高められそうか?
  • ・インターンシップや研修が充実しているか?
  • ・キャビンアテンダント職での内定実績はどのくらいか?

駿台観光&外語ビジネス専門学校は、これらの重要項目をすべて満たしています。キャビンアテンダントを目指して専門学校選びをしている方は、ぜひ当校にもご相談ください。