韓国語の日常会話でよく使うのは?


フレーズを多数ご紹介

韓国語の勉強を始める際、ぜひとも知っておきたいのが「日常会話」です。日常会話はネイティブの間で非常によく使われるため、覚えておくだけで周りと一歩差を付けられます。

この記事では、韓国語の日常会話について以下の内容をご紹介します。

  • ・韓国語のあいさつ
  • ・韓国語での友達とのタメ口会話
  • ・韓国語の受け答え

この記事を読むことで、韓国語の基本的な日常会話が分かるようになるでしょう。ぜひ参考にしてください。

韓国語の日常会話①あいさつ編

韓国語を覚える上で欠かせないのがあいさつ表現です。
あいさつは会話するうえで必須の言葉ですので、ぜひ覚えてどんどん使ってみましょう。

ここでは、色々な場面で使えるあいさつを4つご紹介します。

◇안녕하세요 (アンニョンハセヨ)

まずは、有名な「안녕하세요(アンニョンハセヨ)」です。

意味は「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」など、時間帯によって変化します。つまり、どの時間帯でも使える万能なあいさつなのです。

ちなみに「안녕하세요(アンニョンハセヨ)」は少し丁寧な言い方のため、友達など親しい友達に挨拶する時は「안녕(アンニョン)」と言います。

「안녕(アンニョン)」は안녕하세요(アンニョンハセヨ)」を簡単にしたもので、敬語ではなくタメ口の意味になります。

◇오래간만이에요 (オレガンマニエヨ)

続いて、「오래간만이에요 (オレガンマニエヨ)」をご紹介します。
意味は「お久しぶりです」で、友達や知り合いと長く会っていなかった時に使える表現です。

少し長く言いづらい表現ですが、覚えると久々に会う人へのちょっとした気遣いになるでしょう。

◇보고싶었어요(ポゴ シッポッソヨ)

「보고싶었어요(ポゴ シッポッソヨ)」は、定番のあいさつではありませんが、覚えておくと相手に良い印象を与えられるあいさつです。

意味は「会いたかったです」で、先ほど紹介した「오래간만이에요 (オレガンマニエヨ)」と一緒に使われることが多くあります。

「보고싶었어요(ポゴ シッポッソヨ)」という言葉は本来「見る」の意味である「보다(ポダ)」を使っていますが、この場合は「会う」という意味に変わることがポイントです。

◇잘 부탁해요(チャル プッタッケヨ)

日本語で「よろしくお願いします」にあたるのが、「잘 부탁해요(チャル プッタッケヨ)」です。

自己紹介の後に使われる定番の挨拶で、覚えておくと相手を気遣えるようになるでしょう。
また、自己紹介のほかに飲食店でお願いする時にも使えます。

韓国語の日常会話②友達とのタメ口会話編

続いて、敬語ではなく友達と話すときの日常会話をご紹介します。

友達との会話では使えますが、目上の人に使うと失礼なので注意してください。

◇진짜?(チンチャ?)

まずは、若者の間でよく使われる「진짜?(チンチャ?)」です。

意味は「本当に?」「まじで?」などを表します。友達と会話していて内容を聞き返す時に使う言葉です。

また、聞き返す時以外に「진짜 고마워(チンチャ コマウォ、本当にありがとう)」など、強調する時にも使えます。

◇또 봐요(ット ボァヨ)

続いては、「또 봐요(ット ボァヨ)」です。

意味は「またね」で、友達と別れる際に使います。
発音が難しいので、ネイティブの言葉を繰り返し聞いて覚えましょう。

◇힘!(ヒム!)

初めて見た人でも覚えやすい言葉が「힘!(ヒム!)」です。

意味は「頑張って」で、元々の言葉は「힘내세요 (ヒムネセヨ、頑張ってください」という敬語になっています。

その言葉を省略してタメ口にしていると覚えておきましょう。

因みに、파이팅!(ファイティン!)とも言います。(日本語のファイト!)

韓国語の日常会話③:受け答え編

ここからお伝えするのは、人に何か言われた際の答え方を表す日常会話です。

正反対の意味をもつ2つのフレーズをご紹介するので、参考にしてください。

◇괜찮아요(クェンチャナヨ)

まずは、「괜찮아요(クェンチャナヨ)」をご紹介します。

意味は「大丈夫です」で、日本語と使い方は同じです。相手に対して頷く時に使います。
「요 (ヨ)」を取った「괜찮아(クェンチャナ)」も、友達と話す際に使う言葉です。

◇모르겠습니다 (モルゲッスムニダ)

続いて、対照的な意味を持つ「모르겠습니다 (モルゲッスムニダ)」です。
意味は「分かりません」で、問いかけられた言葉が理解できない時に使います。

まとめ

この記事では、韓国語の日常会話についてご紹介しました。

  • ・韓国語のあいさつ
  • ・韓国語での友達とのタメ口会話
  • ・韓国語の受け答え

どの言葉も覚えておけば使えるものばかりですので、ぜひ学んでおきましょう。

韓国語を専門学校で学ぶなら

韓国語を学ぶためのスクールや専門学校を検討している方は、韓国語能力試験で実績のある駿台観光&外語ビジネス専門学校がおすすめです。

駿台観光&外語ビジネス専門学校では、韓国語の授業をすべて韓国人講師が担当。ネイティブの発音を間近で聞き取ることができます。韓国語がまったく初めての方から上級レベルの方まで幅広く対応しているので、どのレベルの方でも安心して勉強を始められます。

韓国語能力試験上級・ハングル検定の合格率も高く、生きた韓国語を身につけることができます。

興味がある方は、以下の学科詳細のページをご確認ください。