韓国語の自己紹介文をご紹介!


覚えて活用しよう

韓国語に限らず、言語を覚える上で欠かせないのが自己紹介文です。

自己紹介を覚えるだけで、最低限のコミュニケーションはできるようになるでしょう。
また、自己紹介文に使われる単語は日常会話でも頻出するので、覚えていて損はありません。

そこで今回は、韓国語で使える自己紹介文をいくつかご紹介します。
まずは発音から覚えて、どんどん使っていきましょう。

韓国語を学ぶ上で役立つこと間違いなしなので、ぜひ参考にしてください。

挨拶

まずは、どの言語にも欠かせない挨拶からご紹介します。
ご紹介する文は以下の通りです。

  • ●안녕하세요?(アンニョンハセヨ)
  • ●만나서 반갑습니다.(マンナソ パンガプスムニダ)
  • ●처음 뵙겠습니다.(チョウム ペッケッスミダ)

それぞれの意味をこれから解説しますので、ぜひ参考にしてください。

◇안녕하세요?(アンニョンハセヨ)

まずは、知っている方も多いであろう안녕하세요?(アンニョンハセヨ)から解説します。
日本語での意味は「こんにちは」で、人と会ってすぐに使う文です。朝から夜まで全てこの挨拶で使いますので、時には「おはようございます」・「こんばんは」にも当たります。

韓国語で最も有名と言っても過言ではないほどオーソドックスな文なので、ぜひ覚えておきましょう。

より丁寧な言い回しは안녕하십니까?(アンニョンハシムニカ)です。
親しい人には안녕하세요?(アンニョンハセヨ)、目上の人には안녕하십니까?(アンニョンハシムニカ)と使い分けるのをおすすめします。

◇만나서 반갑습니다.(マンナソ パンガプスムニダ)

続いて、만나서 반갑습니다.(マンナソ パンガプスムニダ)という文をお伝えします。

日本語での意味は「お会いできて嬉しいです」。
안녕하세요?(アンニョンハセヨ)と合わせて使われることが多いです。

少し言いづらい表現ですが、頑張って覚えておくと、自己紹介の表現が広がります。
만나다(会う)という単語が元になっているので、こちらも合わせて覚えておくのをおすすめします。

◇처음 뵙겠습니다.(チョウム ペッケッスミダ)

最後に、처음 뵙겠습니다.(チョウム ペッケッスミダ)という挨拶をご紹介します。

日本語での意味は「初めまして」で、正確に言うと「初めてお目にかかります」という意味です。初めて会った人への挨拶として使うといいでしょう。

名前

続いて、自分のことを紹介する文をご紹介します。

  • ●저는 〇〇 예요.(チョヌン 〇〇エヨ)
  • ●제 이름은 〇〇 입니다.(チェ イルムン 〇〇イムニダ)

一見似たような文ですが、細かいニュアンスが違います。どちらも重要ですので、ぜひ覚えておきましょう。

◇저는 〇〇 예요.(チョヌン 〇〇エヨ)

まずは、저는 〇〇 예요.(チョヌン 〇〇エヨ)からご紹介します。

日本語での意味は「私は(名前)です」で、自己紹介時に欠かせない文です。

男性でも女性でも저는「チョヌン」を使うので、日本語のように言葉を使い分ける必要はありません。そのため覚えやすく、使いやすい文でしょう。

◇제 이름은 〇〇 입니다.(チェ イルムン 〇〇イムニダ)

続いて、제 이름은 〇〇 입니다.(チェ イルムン 〇〇イムニダ)という文をご紹介します。

日本語での意味は「私の名前は〇〇です」で、저는 〇〇 예요 よりも丁寧な表現です。
입니다は예요よりも丁寧な言い方だと覚えておきましょう。

また、「名前」という意味の単語である이름はよく出る単語ですので、文と一緒に覚えておくのがおすすめです。

出身

最後に、自分の出身を紹介するときに使う文章を解説します。

出身を紹介するときは、저는 일본사람이에요(チョヌン イルボンサランイエヨ)が役立ちます。

日本語での意味は「私は日本人です」で、일본は日本、사람は人の意味です。
일본という単語は様々な場所で使われる単語ですので、しっかりと覚えておきましょう。

まとめ

本記事では、韓国語の自己紹介文をいくつかご紹介しました。

どれも韓国語を習ううえで最初にでてくる文章です。単語もよく使うものばかりですので、文章とセットで覚えておきましょう。

もし韓国語を本格的に学びたいなら、韓国語能力試験で実績のある「駿台観光&外語ビジネス専門学校」がおすすめです。

駿台観光&外語ビジネス専門学校では、韓国語の授業はすべて韓国人講師が担当しているので、ネイティブの発音を生で学べます。

さらに、韓国語を今まで全く習ったことがない方から韓国語上級者の方まで幅広い生徒が在籍しており、それぞれのレベルに合わせて授業が展開されています。授業についていけないという心配もなく、安心して韓国語を学べるはずです。

気になった方は、ぜひ以下のページをチェックしてみてください。

韓国語の自己紹介を覚えて、日常で使いこなしていきましょう。