韓国語と中国語、どちらがおススメ?


徹底解説!

新しい言語を学ぶとき、どの言語が自分に向いているか悩む方は多いでしょう。

特に韓国語と中国語はどちらも日本に近い国の言語のため、どちらを学ぶべきか分からない方もいらっしゃると思います。

そこでこの記事では、韓国語と中国語、どちらを学ぶべきか悩んでいる方のために、韓国語と中国語の特徴とメリット・デメリット、さらにどちらの言語がおススメかを解説していきます。

韓国語の特徴

まずは、韓国語の特徴からお伝えします。

  • ●文法が日本語と似ている
  • ●独自の文字を使う

韓国語は、文法が日本語と似ているというメリットがあります。ただ、独自の文字を使うので、少し覚えるのが大変な点があります。

詳しく説明していきますので、一緒に特徴を見ていきましょう。

◇①文法が日本語と似ている

韓国語は日本語と文法が比較的似ている特徴があります。

そのため、言葉の組み立て方はほとんど日本語と同じ形で対応できるでしょう。

例として、「私は日本人です。」という文があるとします。
英語に訳すと「I am Japanese.」です。分解すると、「私・~です・日本人」という順番になり、日本語の文法とは異なりますよね。

一方、韓国語は「저는 일본 사람 입니다.(チョヌン イルボン サラン イムニダ)」となります。順番は「私は・日本・人・です」という形になるので、日本語と文法が近いことが分かるでしょう。

もちろん、文法が完全に同じという訳ではないので、例外も存在します。ただ、日本語と重なる部分が多いのは事実なので、文法面では、他の言語よりも楽に感じるはずです。

◇②独自の文字を使う

韓国語では、書き言葉にする際、独自の文字である「ハングル」を使用します。
日本語でいうところの「ひらがな」のようなものなので、韓国語を勉強する際は必須の文字です。

多くの場合、韓国語を勉強する際はまず、ハングルを覚えるところから始めなければいけません。また、発音もハングルそれぞれに割り当てられているので、発音を同時に覚える必要があります。

中国語の場合は、日本人に馴染みがある漢字を使いますが、韓国語の場合は、ほとんど馴染みがないハングルです。ハングルを覚えるまでは、大変かもしれません。

中国語の特徴

続いて、中国語の特徴を解説します。

  • ●漢字を使っている
  • ●発音が難しい

中国語は日本人に親しみのある漢字を文字として使っている一方、発音が難しいという特徴があります。

詳細をお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

◇①漢字を使っている

中国語は日本語と同じく、漢字を文字として扱っています。文字の面では、日本人が親しみやすい言語と言えるでしょう。

漢字を使っていない言語の人からしたらかなり大変ですが、普段から漢字に接している日本人にとっては学びやすいです。

ただ、中国語は日本語にない漢字もたくさんあるので、そこは新たに覚える必要があります。

◇②発音が難しい

中国語は、発音を覚えることが難しいです。

なぜかというと、中国語には日本語にない発音がたくさんあるからです。

中国語を学び始めた最初の段階では、日本人だと発音の違いが分からないことも多く、苦労することも多いかもしれません。慣れれば違いが分かるようになりますが、それまでは発音の聞き取りや会話練習を数多くこなす必要があります。

韓国語は日本語に近い発音が多いので、発音練習が苦手な方は、韓国語のほうが向いているかもしれません。

韓国語と中国語、どちらがおススメ?

結論から言うと、韓国語と中国語はどちらも覚えて損はありません。

使っている人口は中国語のほうが多いですが、日本人にとって使えるレベルに持っていきやすいのは、韓国語です。両方、試しに少しずつ勉強してみて、自分に合う言語を選択するといいでしょう。

一気に両方を勉強し続けるのはおススメしません。覚える量が膨大なため、頭が混乱してしまうためです。片方だけをまず習得してから、もう片方に取り組みましょう。

まとめ

本記事では、韓国語と中国語の違いについてお伝えしました。

どちらの言語も魅力があるため、学んで損することはありません。

また、韓国語を専門学校で本格的に学びたい方には、韓国語能力試験で実績のある「駿台観光&外語ビジネス専門学校」がおススメです。

駿台観光&外語ビジネス専門学校では、韓国語の授業は全て韓国人講師が対応しているのでネイティブの発音を聞いて学べます。韓国語をまったく習ったことのない方から上級レベルの方まで幅広いレベルに対応しているので、自分に合ったレベルで韓国語を勉強できます。

もし興味がある場合は、以下のページをチェックしてみてください。