グランドスタッフに求められる英語力のレベルは?


よく使う例文や勉強方法も紹介

グランドスタッフとして活躍するには、高い英語のスキルが必要です。

とはいえ、実際にグランドスタッフを目指す場合、航空会社が求める英語力のレベルがわからない人も多いと思います。

そこで本記事では、日系航空会社などの英語に関する採用条件や、グランドスタッフがよく使う英語例文、効果的な学習方法などを紹介していきます。

グランドスタッフになるのに英語力はどのくらい必要?

日系航空会社の場合、グランドスタッフの書類選考を通過するには、一般的に「英検2級以上、もしくはTOEIC550点(会社により基準が異なる)以上」程度のスキルが必要です(外資系航空会社の場合、さらに高いスコアを求めます)。

より高いレベルを求める企業では、実際の会話力を確認するために英語面接を実施することもあります。

具体的な基準は、会社によって異なります。そのため、グランドスタッフを目指す場合は、必要な資格の種類やスコアを確認したうえで、早めに対策を始めるようにしてください。

実務では、臨機応変に対応できる英会話力が問われる

グランドスタッフの実務では、航空機内で働くキャビンアテンダント以上に、臨機応変な対応ができる英会話力が必要となります。グランドスタッフは、チェックインカウンターや搭乗ゲートなどで、実際に国内外のお客様とやり取りする機会の多い職種だからです。

国際線が多く就航する空港では、外国人パイロットやキャビンアテンダントと英語で情報共有や交換をする機会もたくさんあります。

また、グランドスタッフがお客様からのクレームや質問を受けることが多い特徴を考えると、イレギュラー対応を英語でできるだけのスキルが必要となるでしょう。

グランドスタッフとしてキャリアアップするには、就職後も日々英語力を高める心がけが大切です。

【シーン別】グランドスタッフが実際によく使う英語例文を紹介

グランドスタッフの実務では、以下のような英語を多用します。

チェックインカウンター

・Where is your final destination?
「どちらまでの便ですか?」

チェックインカウンターを訪れたお客様によく使う英語です。

・Do you have any fragile,valuables or any dangerous items inside your baggage?
「ここに記載されているものが預け荷物の中にありますか?」

手荷物を預かるカウンターで使う英語です。パンフレットを見せながら、可燃物や割れ物が入っていないかの確認をしていきます。

・Your flight leaves from gate 23 and boarding time will be 13:15.
「ご出発するゲートは23番で、搭乗は13時15分からです」

チェックインカウンターで搭乗開始時間とゲート番号を伝えるときに使います。leaveをdepartに代えることも可能です。

アナウンス

お客様にアナウンスをするときには、最初に以下の挨拶をしてから、具体的な案内を始めます。

・ May I have your attention please?
・ Good morning , Passengers. など

・Japan Airlines flight 033 to Paris is now ready for check-in for all passengers.Please proceed to the gate 20.
「日本航空ハワイ行き33便はただいま、すべてのお客様にご搭乗頂けます。搭乗ゲート20番までお越しください。」

非常に大切な搭乗案内です。お客様の乗り遅れを防ぐためにも、わかりやすい発音でアナウンスをする必要があります。

・Korean Airlines flight 466 to Seoul has been delayed due to the mechanical trouble.Please kindly wait for our next announcement.
「大韓航空ソウル行きの466便は、機械トラブルで遅延が発生しております。次のアナウンスまでお待ちください。」

トラブル発生時のアナウンスでは、いま把握している情報をわかりやすく伝え、お客様の不安や困惑を最小限にする配慮が必要です。

・British Airways passenger Mr.Tanaka,departing on flight 52 to London.Please board through gate 41 immediately.Thank you.
「ブリティッシュ・エアウェイズの52便にてロンドンへご出発の田中様。恐れ入りますが、41番ゲートより急いでご搭乗ください。」

お客様が搭乗ゲートにあらわれないときのアナウンスです。緊急性の高い案内となるため、はっきりとした声でわかりやすく伝えてください。

英語力をブラッシュアップ!効果的な勉強方法とは

グランドスタッフになるために英語力を磨くには、まずTOEIC600点以上を目指して勉強するのがおすすめです。

先述のとおり、多くの航空会社では募集時の最低ラインを550点前後に設定しています。ですが、スコアはやはり高いほうが有利になります。TOEICのテキストなどを使って勉強を進めるときは、まず点数のとりやすいリスニング力を鍛えてみてください。

読み書きはできるけれど英会話は少し苦手という方には、オンラインレッスンを何度も使って学習するのもおすすめです。

オンライン英会話の場合、講師の先生や話をする相手がネイティブとは限らない難点がありますが、グランドスタッフが働くチェックインカウンターなどには、英語を第二外国語にする世界中の人が集まります。

ですから、オンラインレッスンでの経験も、語学学習のプラスになるはずです。

グランドスタッフを養成する専門学校での学習もおすすめ

グランドスタッフとしての就職を目指すなら、専門学校に通って、語学力と航空業界の広い知識を習得するのもおすすめです。

駿台観光&外語ビジネス専門学校では、ワンランク上の英語力の習得を目指す目的で、以下のような外国語対策を実施しています。

英会話
・ 英語演習
・ 英語面接対策
・ English Conversation-One to One
・ CALL など

English Conversation-One to Oneは、スマートフォンやパソコンなどを利用したWeb授業です。

このカリキュラムでは、興味のある分野で毎日25分間、ネイティブの人と会話レッスンができるようになっています。また、英検やTOEICの対策にも積極的です。そのため、航空会社への応募に向けて「もう少しスコアをアップさせたい」人にも、おすすめの学習環境になっています。

まとめ

日系航空会社のグランドスタッフになるには、「英検2級以上もしくはTOEIC550点(会社により基準が異なる)以上の英語力」が求められます。

また、さまざまなお客様の対応をするこの職種には、遅延や機材故障などのイレギュラーやクレームにも応じられるだけの英会話スキルが必要です。

グランドスタッフを目指すために実務で使える英語を学びたい方は、イギリスへの留学コースもある駿台観光&外語ビジネス専門学校にぜひお問い合わせください。