ホテルフロントの仕事を目指したい!


仕事内容や向いている人の特徴を解説

「ホテルフロントの仕事、どんなことをするの?」
「フロントの仕事を目指したいけど、自分に向いてるのかな?」
「どうやって目指せばいいの?学歴は関係ある?」

この記事では、人気職種のホテルフロントに憧れる方向けに、具体的な仕事内容や向いている人の特徴を解説します。

ホテルフロントの仕事に関心がある方は、ぜひチェックしてみてください。

ホテルフロントの仕事内容とは?

ホテルフロントの役割は、一言でいえば、お客様に一流の接客をすることです。具体的には、以下のような業務があります。

チェックイン・チェックアウト業務

ホテルフロントの仕事で代表的なのは、フロントに来られたお客様のチェックイン・チェックアウトにともなう業務です。

・宿泊予約内容の確認
・ルームキーの使い方説明
・館内の案内
・レストラン予約 など

個人の宿泊者だけでなく、旅行会社や団体客対応をすることもあります。

宿泊予約管理

シティホテルでは、フロントスタッフが残室確認や宿泊受付をおこなう場合があります。この仕事で重要となるのは、お客様の人数や予約状況に合わせて部屋の割り当てを考えることです。

また、問い合わせにスムーズな返答ができるように、稼働状況や宿泊料金なども把握しておく必要があります。

電話応対

電話オペレーターの部署がない小規模ホテルでは、フロントスタッフが内線と外線電話の両方に対応することもあります。ちなみに、大きなホテルになると、テレアポ専門の部署があるので、フロントが内線・外線対応をすることはありません。

一般的な電話応対では、以下のように多彩な相談や要望への柔軟な対応が求められます。

・眺めの良い部屋にしてもらいたい
・ベビーベッドを用意してもらいたい
・子供の体調が悪くなってしまった
・到着が深夜になりそうだ
・部屋が少し寒い気がする など

様々な悩みや不満を抱えるお客様に対応するには、提供可能なサービスや備品をすべて把握しておく必要があります。

また、顔の見えない電話応対では、言葉遣いや声のトーンにも注意が必要です。

近隣や観光の案内

フロント業務をしていると、近くの飲食店や観光名所までの行き方、所要時間といった宿泊以外のことを相談される場合もあります。

そのため、ホテル館内だけでなく、その地域の観光や食の知識も持っておくのが理想です。また、観光パンフレットの整理や発注も、フロントの仕事となります。

ホテルフロントの仕事に向いているのはどのような人?

以下のような資質がある人は、ホテルフロントで活躍しやすい傾向があります。

お客様を喜ばせるのが好きな人

ホテルフロントは、宿泊や観光などで生じる困り事の相談を受ける窓口的な役割です。したがって、この業務で活躍するには、お客様の要望をかなえるための工夫をする姿勢が求められます。

試行錯誤の末にお客様の悩みを解決した場合、感謝の言葉によってやりがいを得られすい職種でもあります。

丁寧な言葉遣いや立ち居振る舞いができる人

フロントはホテルの顔であり、フロントの対応でホテルのイメージが大きく変わります。常に人に見られる立場であることを意識し、笑顔で美しい振る舞いを心がける必要があります。言葉遣いや声のトーンにも注意しましょう。

臨機応変な対応ができる人

一般的なホテルでは、業務や接客のマニュアルが用意されています。しかし、訪れる客層や宿泊者数、時期によって、適切な対応は変わってきます。

ホテルフロントとして働く際は、マニュアルで学んだサービスをそのまま提供するのではなく、お客様の要望やその日の状況に合った、臨機応変な対応が求められます。

シフト勤務が苦にならない人

ホテル勤務は、基本的にシフト制です。人によっては早番や深夜勤務を繰り返す不規則な勤務スタイルになることもあります。

また、土日祝日や大型連休は繁忙期になるため、他業種と比べて休みも少なめです。したがって、一般の人とは異なる働き方でも苦にならない人が向いています。

ホテルフロントの仕事を目指すにはどうすればいい?

ホテルフロントの求人のなかには、高卒以上の要件だけで応募できるものもあります。しかし、入社後に即戦力として働くことや、将来のキャリアアップを考えるなら、高卒よりも観光系専門学校のホテルコースから就職するのがオススメです。

観光系専門学校からホテルフロントを目指すメリット

専門学校に入る最大のメリットは、ホテルに関する知識や技能を幅広く学べることです。

以下は、駿台観光&外語ビジネス専門学校のホテルコースのカリキュラム例です。

・ホテル概論
・ブライダル概論
・ホテルマーケティング
・ホテルマネジメント
・コンシェルジュ実務 など

もちろん、これらはほんの一部です。カリキュラム詳細は以下からチェックできます。

ホテル内の多彩な業務を知っていると、同僚との連携やお客様への案内もしやすくなります。

また、宿泊業界でキャリアを積み重ねていくなら、フロント業務だけにこだわるのではなく、ホテルサービス全般への客観的視点も必要となるでしょう。

ほかにも、観光系専門学校には、講義のほかに以下のような実習や試験対策、語学の授業も豊富に用意されています。

・宿泊サービス実習
・レストランサービス実習
・バンケットサービス実習
・サービス接遇検定対策
・ホテルビジネス検定対策 など

まとめ

ホテルの顔であるフロント担当者には、チェックインやチェックアウトの受付だけでなく、お客様の困り事の相談対応などの多くの仕事があります。そして、日によって客層や宿泊者数の異なるホテルでは、状況に合った臨機応変な対応が求められます。

ホテルフロントで活躍するには、ホテルのことを幅広く学べる観光系の専門学校に入るのがオススメです。在学中に各種資格を取得すると、就職でも非常に有利になるでしょう。

  • twitter
  • instagram
  • YouTube
  • line