2019年度入学要項

留学費用

韓国・英国短期留学費用(韓国語学科・英語学科対象)

韓国語学科、英語学科の2年次進級可能者を対象に、留学先授業料・航空運賃などを本校負担でおこなう留学プログラムです。

(2017年度実績)
韓国語学科 英語学科
留学先 韓国 ソウル・プサン イギリス ケント州
留学期間 3~4週間 3週間
留学先授業料 無料 無料
往復航空運賃 無料 無料
ステイ先・宿泊費 大学の学生寮(無料) ホームステイ(無料)
食事 なし
自己負担(約25,000円~35,000円)
朝・夕食つき(土日は昼食もあり)
平日昼食代のみ自己負担(約9,000円)
海外旅行保険 約6,000円~8,000円 約8,000円
パスポート費用
(持っている方は不要)
(5年有効)11,000円、(10年有効)16,000円
(未成年は5年有効のみ)

※保険はクレジットカードなどに付帯のもので賄うこともできます。

[注意]
修得単位の不足、授業料(2年次学費全納または分納1回目)の未納、1年次での退学などの理由により2年次に進級できない学生は留学できません。また、外国籍の場合は、留学ビザが発行されないケースがありますので、必ず出願前に本校にご相談ください。

英国留学(6ヶ月)諸費用(エアライン学科イギリス留学コース〈3年制〉対象)

イギリス留学コースは現地での学費及びキャビンアテンダント(CA)研修費用は本校が負担いたしますが、下記の諸費用(航空運賃、現地でのホームステイ代等)は各自の自己負担となりますので、ご注意ください。

諸費用

  • (1) 航空運賃/180,000円(2017年度実績)
  • (2) 保険料/91,780円
  • (3) パスポート発行/11,000円(持っている方は不要)
  • (4) ホームステイ代(6ヶ月間)/約500,000円(2017年度実績)
  • お小遣い、携帯電話等の通信費用代、お土産代、個人旅行、平日昼食代など個人的な費用のすべて

合計で約80万円が必要となります。

※為替レートによる変動があるため、上記金額は目安としてご覧ください。

[注意]
外国籍の場合は、留学ビザが発行されないケースがありますので、必ず出願前に本校にご相談ください。

その他の留学(希望者のみ)

  • 夏期イギリス語学研修+英国航空エアライン研修(エアライン学科(2年制)対象)
    夏休みを利用して3週間、イギリスのサセックス・ダウンズ・カレッジでの語学研修および英国航空でのエアライン研修を組み合わせた留学です。語学力のアップだけでなく、航空会社採用試験に向けての良い経験となり、参加者からは好評を得ています。
    2017年度費用実績:授業料・ホームステイ費用230,000円、航空運賃180,000円
  • その他語学研修
    韓国・英語圏などへの短期・長期留学を考えている方に、担当講師が無料でサポートをしています。
    学校選びやビザ申請など、何でもご相談ください。

短大併修費用

短大卒資格を希望する方へ 対象:エアライン学科、ホテル学科、ブライダル学科、鉄道サービス学科

エアライン学科、ホテル学科、ブライダル学科、鉄道サービス学科では、自由が丘産能短期大学通信教育部の課程を本校カリキュラムと併用して履修し、短大所定の単位を修得した場合、本校卒業時に短大卒業資格(=短期大学士)を得ることができる併修制度を採用しています。なお、この短大併修制度を履修される場合、本校の学費の他に別途下記の自由が丘産能短期大学通信教育部の学費が必要となります。

短大で学ぶのは?

自由が丘産能短期大学「ビジネス・コミュ二ケーションコース」の課程を履修します。
原則として希望者は全員受講できます。
(注:海外研修等を予定している学生は、履修ができない場合があります。)
[学習科目]ビジネス対話の技術・マーケティングの基本、企画書の作り方、行動科学 等

勉強の仕方は?

●レポート作成 ●スクーリング ●科目修得試験 により単位が認定されます

卒業は?

本校で併修した学生の学位取得率は毎年ほぼ100%です。

短大の学費は?

<自由が丘産能短期大学通信教育部学費・2018年度実績>

本校学費とは別途(入学手続時)必要です。

書類選考料 入学金 授業料 合計
1年次 10,000円 30,000円 180,000円 220,000円
2年次 - - 180,000円 180,000円
  • 卒業時には卒業諸経費6,000円と校友会費10,000円が別途必要です。
  • 分割払制度ご希望の場合は産能短大が実施する学費分割払制度SANNO学費サポートプランを利用することが可能です。

短大併修サポート体制

  1. 1. レポート提出や試験の申し込み、学費振込みなど、履修のためのさまざまな手続きは駿台で一括しておこないます。試験も本校で受けることができるので、普段どおり落ち着いておこなうことができます。
  2. 2. 本校でのIT実習や語学などの授業単位が短大の単位として認定(18~22単位)されるため、卒業のための取得単位数が軽減されます。また、実用英語技能検定2級以上、TOEIC450点以上、秘書技能検定2級以上なども単位認定されます。
  3. 3. 通信教育では通常自分で計画を立て学んでいきますが、駿台での授業との両立のためカリキュラムに産能短大教科サポート授業を設定し、全員が2つの卒業資格を得ることができるようバックアップします。
  4. 4. 専任の担当者が、学習の進め方などについて個別指導をおこないますので、困ったことなどなんでもご相談ください。